外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

外国人技能実習生トラブル

実習以外で技能実習生が死亡した場合

投稿日:2021年7月14日 更新日:

Jitco保険に加入していなかった技能実習生が労災による事故で亡くなってしまったことがありました。まだ、私がこのポンコツ組合に入社するだいぶ前の話です。

労災保険はおりましたが、それでは遺族が満足せず、技能実習生総合保険に未加入であったため保険金は当然なし。で、組合として数百万円をその実習生の遺族に支払ったそうです。

というわけで、技能実習生総合保険にぜひ加入させてください。
うちも、いくつかの保険会社と付き合いましたが、やはり若干高いもののJitco保険が一番ですね。自然災害による被害も保障対象となっております(詳細はご確認ください)。生命保険的なものではなく、海外旅行保険に近い形なのがJitco保険です。

JitcoのAタイプでは、救援者(遺族)3名分までの日本までの1往復分の航空運賃等の交通費がカバーされます。諸雑費、日本での交通費、国際電話等の通信費、遺体処理費などは合計20万円を限度に支払われます。

Aタイプであれば死亡保険金が700万円になります。

技能実習生の出身国や宗教によって、遺体の搬送、葬儀は違います。
遺体を防腐措置をして本国に搬送するか、火葬後に遺骨を持ち帰るか。

まずはその国の領事館で搬送方法を確認する必要があります。

市役所での手続き

日本人の死亡と同様で死亡届の提出期限は死亡の事実を知ってから7日以内です。
届出人は親族、同居人、家主、地主、家屋または土地の管理人のいずれかです。

届出に必要なもの

・病死の場合は死亡診断書、事故死の場合は死体検案書
・印鑑

死亡届を提出すると死亡届の受理証明書、記載事項証明書等の公証を発行してくれます。火葬する場合は、火葬許可申請を市役所で行い、火葬許可証を発行してもらいます。

遺体の移送、遺骨の持ち帰りについては、事前に領事館に相談してください。

-外国人技能実習生トラブル

執筆者:

関連記事

傷害事件にまで発展させないための予防策

刃物などの凶器を使用した実習生同士の喧嘩。または素手での喧嘩。人間は感情の生き物なのでトラブルが起こって当然。外国人技能実習生は外国である日本に居住し大きなストレスを抱え、また集団生活をしているため同 …

外国人技能実習生を甘やかす監理組合員はぺけぽん!

いや~…参りました! 出来損ない職員の尻拭いをさせられました。面接で海外出張、国内の出張の連続で久々にオフィスに出勤できたので、期間更新、入国申請の書類を作成しようとしていたら、出張中の同僚から「才谷 …

no image

拘置所に打ち込まれていた実習生を帰国させる

薬物所持で逮捕され拘置所に入れられたベトナム人技能実習生を引き取りました。 裁判所で判決が出た後、執行猶予付きの刑が言い渡されましたが、本人は一向に反省の色なし。 「日本に帰りたくない」 「日本にいた …

no image

一度ビザ申請を却下された人が技能実習生としてくる

日本に留学ビザで来ようと思ったけど、申請時に自分の貯金額を誤魔化していたことが現地の日本国総領事館にバレてビザをもらえなかった某国の男性。 そんな彼は外国人技能実習生として出国を試みました。 実習生選 …

すでに帰国した外国人技能実習生宛に携帯料金に関する督促状が届いたら (スマホ詐欺)

  督促状なんて一生に1度や2度見るか見ないかですよね。 私も自分宛ての督促状など一度も見たことがありません。一生見たくありませんけどね。 実習生受入企業、監理団体の方はすでにご存知の方もい …