外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

企業の不正行為

昔も今も技能実習の縫製はブラック多し

投稿日:

縫製関係は確かにブラックですが、きちんと受入れを行っている企業なのに誹謗中傷されたらたまりません。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00898636-wwdjapans-bus_all

とはいえ、労基法違反、技能実習生法違反が多いのは確か。
最賃未満、賃金不払い、残業代をちょろかます、残業代は現物支給。
そのかわりと言ってはなんですが、食料を差し入れたり、会社がお金を出してディズニーランドに連れて行ってくれます。縫製関係は本当にこの手の待遇が多いです。

縫製の経営者はコンプライアンスのコの字も知らない人が非常に多く、法律に違反していることを指摘しても、笑顔で「はい、わかりました。すぐに改善します」など下手に出る割にはこちらの言うことを全く聞かない。

豪放磊落なキャラが多く、大風呂敷を広げたり、できもしない約束をしたり、技能実習生に対して気前のいいことを言っておきながら結局最賃で雇ったり。上記のごとく賃金をちょろまかしたり。

そのくせ妙な正義感、倫理を持ち合わせており、それに従わない人や異なる倫理観を持った人には厳しく当たる。Chinaで技能実習生の採用試験の折、合格した技能実習生と食事をしていると、

「橋の持ち方が気に入らない」
「いただきます、ごちそうさまでしたの挨拶がない」
「先に汁物に手を付けてから」

など、彼のルールに合わないからと言って不合格になった者もおりました。

この時は初めての面接でしたので、「ずいぶん立派な事を言う社長だなあ」なんて感心していましたよw

ところが、実習生来日後は賃金のちょろまかし。
社長自身精神的に不安定で実習生を恫喝。時には暴力をふるいそうになったこともありました。
技能実習生も帰国を希望。私は帰国させようとしておりましたが、社長からは「実習生もお前も裏切りもんだああ!」と罵られる始末。

平成23年3月11日東日本大震災。この企業は中部地方だったので被害はゼロでしたが、こちらは関東地方なのでてんてこ舞い。社長は緊急物資を大量購入して東北地方まで贈ろうとしておりました。私も大いに賛成してその志に感心し、賛同のメールを送りました。

ところが、私のメールが社長のメールボックスの「迷惑フォルダ」に入ってしまったらしく、

「お前は俺のメールを迷惑だと思っているのか!?」

と、意味不明の返信がありました。
私は電話して事の次第を話しましたが、全く聞く耳を持ってくれず電話をガチャ切り。

一度ぶち切れたり、不安定になると人の話を一切聞いてくれなくなります。当時バツ2で3人目の奥さんがChina人女性。技能実習生の生活面、仕事面での面倒の見方に相違があり、夫婦関係も最悪に。当時離婚寸前でしたが、その後はわかりません。

昔話を書いてしまいましたが、派遣機関によると縫製関係の企業は非常にブラックが多い。
我が組合ではすでに縫製はやっておりません。時折派遣機関から縫製企業の紹介がありますが、全てお断りしています。

技能実習の縫製職種は一刻も早く廃止すべきです。

-企業の不正行為

執筆者:

関連記事

外国人技能実習生が夜勤する時も必ず実習指導員をつけること!

技能実習生が実習をしている間は昼勤だろうと夜勤だろうと技能実習指導員が現場に配置していなければなりません。実習生だけに仕事を任せて、日本人従業員が現場に一人もいないという状況は完全にNG。掟破りです。 …

no image

侮日、実習生擁護、読者を印象操作し移民を推し進める朝日新聞記者

またぞろwithnewsの仮面をかぶって朝日新聞記者が偏向記事を書いております。 先日日立が職種外の仕事を実習生にやらせていたとして摘発されました。 日立の実習生20名が解雇…!キックバックがないかも …

ヤクザもどきの社長は大抵ハッタリ

輩社長にいじめられた女性職員が退職してしまったので後日、私がこの企業さんを担当。 私が担当したばかりの頃も、彼女と同様暴言を吐かれました。全く仕事と関係のないことで批判されたり、監理費の値下げ、自分の …

成長しない企業、成長する企業

外国人技能実習生を受入れはじめて、同年数経った企業が複数ありますが、技能実習生の管理方法が洗練され、トラブルへの対処、常日頃の生活環境の管理、現場での指導がしっかりしている企業。また、逆に場当たり的で …

不正行為は増えている!法務省のにある報道発表資料は必ず目を通さないとね!

不正行為が増えていますね。 先日のJITCOのセミナーでは、不正行為に関する資料もございました。 ネットで拾える情報ですけど、ざっと書いておきます。 法改正を何度かしたものの、やっぱり件数は増えている …