外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

監理団体の不正行為

組合の腐敗が始まって久しく…

投稿日:

時効はまだ来ておりませんが、日記だと思って書いていきます。
うちの組合は3年前にとあるポンコツ組合を吸収しました。この組合の幹部が不正行為を行ったためにお取り潰しの目に遭い、傘下の企業は監理団体を失った形となり、我々の組合が吸収しました。

当初、この組合を吸収するにあたり喧々諤々の論争が行われましたが、結局吸収することになりました。
その組合の企業群の中には所謂「ブラック企業」もあり、このような企業を排除すべきだと主張しました。ところが、その組合も「全部まるごと受け入れなければダメだ」ということになり、あちらの意見を呑みました。

それから3年が経過。

建設系企業においては不正行為と思われる所業がちらほらと聞こえ始めました。
また、我々の組合の中に潰れた組合の元職員が4名入ったため、人件費もかさんでしまい、人数が増えても組合全体としての利益はそれほどでもない…という状況になりました。

挙句の果てにその組合の幹部に主導権を握られてしまい、監理に乱れが生じました。

爆弾を抱えてまで受け入れたのはなぜか?
なぜうちの組合の幹部が新参の吸収した元組合の職員(部長クラス)に遠慮するのか・・・?
おそらく手なづけられたのかと察します。

自分が持ってくる企業を受け入れてくれれば、キックバックマージンの分前をやるとかなんとか…。

あくまで憶測ですが、組合内の力関係や仕事の仕方を見ていたら察しが付きます。

吸収前はそれなりにコンプライアンスを重視していた上司も、吸収後はなんとなく弱腰になり。
あくまで噂ですが、拾ってきた組合の傘下の企業においては賃金未払いを始めとする火種を複数抱えているようです。

小さな組合の不正行為からの受け入れ停止は時折おこっているのでしょう。
小さい組合なので新聞沙汰にもなりません。現行制度であればきちんと厚労省のホームページに載るのでしょうけど。旧制度の頃はありませんでした。

吸収前も吸収後も我々の賃金は上がっていません。
実習生の数は増えたけど、職員の数も増えた。利益も増えていません。間違いなくいえるのはリスクだけが増したこと。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-監理団体の不正行為

執筆者:

関連記事

no image

監理団体(組合)を買収する企業! 「月刊日本」

面白い特集でした。 ブローカーまがいの人間や大手企業が組合を買収しているという話は聞いていましたが、具体的にどうやって動いていたのかは知りませんでした。 https://hbol.jp/211305? …

監理団体がかなりやられていますね!

外国人技能実習機構のHPより。 https://www.otit.go.jp/gyouseishobun_torikeshi/ 割と頑張っていますね、外国人技能実習機構。 いや、もっともっと取り締まっ …

no image

監理団体の元職員が色々とゲロっている記事

「月刊日本」は石破茂を特集するようなエセ保守雑誌ですが、 この記事は面白かった。 https://hbol.jp/204561 「それもある。海外出張の際、実際は送り出し機関に払わせた経費を領収書で落 …

no image

2号技能実習修了したのに、随時3級や専門級を受けさせていなかった

  うちの組合職員は本当にだらしがないです。 監理団体としての役目をほとんど果たしていない。 2号の技能実習生は随時3級、専門級の受検が義務付けられているのに、うちのスタッフは企業に何も伝え …

no image

外国人技能実習生は奴隷か!?

極左ジャーナリストが書きそうな刺激的なタイトルですね。 今回は極左ジャーナリスト巣内尚子の著書をご紹介します。 彼女は足で取材してベトナム人の「実情」を知ったと豪語しておりますが、「日本悪い、ベトナム …