外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

監理団体の不正行為

組合の腐敗が始まって久しく…

投稿日:

時効はまだ来ておりませんが、日記だと思って書いていきます。
うちの組合は3年前にとあるポンコツ組合を吸収しました。この組合の幹部が不正行為を行ったためにお取り潰しの目に遭い、傘下の企業は監理団体を失った形となり、我々の組合が吸収しました。

当初、この組合を吸収するにあたり喧々諤々の論争が行われましたが、結局吸収することになりました。
その組合の企業群の中には所謂「ブラック企業」もあり、このような企業を排除すべきだと主張しました。ところが、その組合も「全部まるごと受け入れなければダメだ」ということになり、あちらの意見を呑みました。

それから3年が経過。

建設系企業においては不正行為と思われる所業がちらほらと聞こえ始めました。
また、我々の組合の中に潰れた組合の元職員が4名入ったため、人件費もかさんでしまい、人数が増えても組合全体としての利益はそれほどでもない…という状況になりました。

挙句の果てにその組合の幹部に主導権を握られてしまい、監理に乱れが生じました。

爆弾を抱えてまで受け入れたのはなぜか?
なぜうちの組合の幹部が新参の吸収した元組合の職員(部長クラス)に遠慮するのか・・・?
おそらく手なづけられたのかと察します。

自分が持ってくる企業を受け入れてくれれば、キックバックマージンの分前をやるとかなんとか…。

あくまで憶測ですが、組合内の力関係や仕事の仕方を見ていたら察しが付きます。

吸収前はそれなりにコンプライアンスを重視していた上司も、吸収後はなんとなく弱腰になり。
あくまで噂ですが、拾ってきた組合の傘下の企業においては賃金未払いを始めとする火種を複数抱えているようです。

小さな組合の不正行為からの受け入れ停止は時折おこっているのでしょう。
小さい組合なので新聞沙汰にもなりません。現行制度であればきちんと厚労省のホームページに載るのでしょうけど。旧制度の頃はありませんでした。

吸収前も吸収後も我々の賃金は上がっていません。
実習生の数は増えたけど、職員の数も増えた。利益も増えていません。間違いなくいえるのはリスクだけが増したこと。







-監理団体の不正行為

執筆者:

関連記事

監理団体がマージンもらってお取り潰しになった

「マージンをもらっている人はいねえがあ~!?」 派遣機関の人間と話していると、 「組合さんでマージンをもらっていない人なんていませんよ~ぐしし…」 「ふふふ…越後屋…お主も悪よのお~」 という展開にな …

no image

名義貸しやっている組合さん…少しずつ手入れが入ってない?

備忘録でも書いたように現行制度へ移行してからというもの、法律やルールが変わっており旧制度と同じと思ってぼーっと仕事していると足元をすくわれることになります。私自身あの運用要領を何度も熟読したわけではな …

技能実習生ブローカーの脅威 企業、監理団体で不正行為が発覚しても彼らは痛くも痒くもない!

技能実習生を受け入れる際に紹介者が絡んでいることも多々あります。 「紹介者」と言っても本当に紹介だけした人だったら問題ありません。 取引先の担当者が、「うちの子会社でも実習生を受け入れたい」とか。 親 …

他人に恨まれているといつか報いを受けます

先日Chinaに出張に行った際ちょっと怖い話を聞きました。 このChina派遣機関はベトナムにも支社がありベトナム人技能実習生を派遣しています。ベトナム支社にはベトナム人職員以外にもChina人も出向 …

マージンを欲しがる中国人は取り扱いに注意

  外国人技能実習生の受け入れをしているとブローカーやらキックバックやマージンやらの話を時折聞きます。一頃と比べて、この手の話は大分少なくなりましたが、1年に1回は耳に入りますね。過去に起こ …