外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

ブローカーども 企業の不正行為

受入れ企業の悪徳経営者は技能実習制度からご退場願う

投稿日:2018年5月21日 更新日:

彼らの文化や習慣が我々のものと全く違うことを認識しなければなりません。と、同時に彼らを受け入れるにあたっては、彼らの来日目的を頭に入れて置かなければなりません。もちろん、お金目当てです。日本の文化や日本語を学ぼうとする人など滅多にいません。採用面接時にはいくらでも良いこと言いますからね。

  • 母国では得られない高収入。
  • 日本での快適な暮らし。

その思いが強ければ強いほど失踪を企みます。そもそも、多額の借金を背負わせるような悪徳な送り出し機関から来ているのであれば、短期間でまとまった額を返さないと利子ばかりが膨らんでしまいます。

勘違いされている受け入れ側もあります。
技能実習生たちは貧しいけれども純情。悪いことはしないだろう。賃金は低くても優しく接していればしっかり働いてくれる…。

適正賃金を払ってあげれば働きます。どうも…特にお年の方に多いのですが、アジアの若者は貧しいながらも純情と勘違いされているケースをよく目にします。

発展途上国のゴミ拾いをしている10歳未満の子供を見て、
・日本の子供にはなくなってしまった純粋な瞳
・生気にあふれるかがやく瞳
・日本の子供と違って希望と夢に満ち溢れている

と、コメントをするような年寄り(主にテレビですが)っていますよね。おそらくこの手の人々です。

勘違いした悪徳経営者と経営陣

しかし、来日するChina人やその他のアジア系実習生ばかり責めることはできません。このブログで何度も書いてきたとおり受け入れ側の経営者が派遣機関からキックバックを受け取っていることもあります。

派遣元からキックバックをもらい。
安価な労働力も得られる。

美味しい話ばかりです。この味をしめた悪徳経営者がやたらと自分の下請け企業を監理団体に紹介して来ることがあります。監理団体としては嬉しい話かもしれませんが、悪徳経営者が懐を潤しているのでは?と疑いを持たなければなりません。彼の下請け企業だってロクでもない場合も多いですし、100歩譲って受け入れるにしても受け入れ側の精査をすることです。まあ、一番良いのは悪徳経営者と付き合わないことです。縁を切ることです。

外国人技能実習生は日本人職員と同等の住まい環境を提供するべき

理由はどうあれせっかく外国から来てくれるわけですから、社会保険やその他福利厚生は日本人と同等にするのは当然のこと。住まいに関しても個室は必ずべきだと思っています。3DKの部屋にすれば寝室として個室になりますし、個室を設けることでケンカの発生率は格段に下がります。

経営者や現場の人間は実習生の民族的性格、母国語も学ぶべきです。日本に来たんだから日本語を覚えろ!という気持ちはわかります。私も彼らに対して同じようなことを言っております。しかし、こちらから歩み寄る姿勢がゼロであった場合、誤解とわだかまりが増すばかりです。まともに実習を終えたように見えても、単なる使い捨て、職場で嫌な目にあったと思われていたら、いくら親日的な東南アジアの実習生だとしても反日感情を植え付けてしまいます。ましてや元々反日教育というドーピングを受けたChina人に関してより一層反日になるという恐ろしい結果になります。

あからさまな人権侵害もやめるべきと思っています。左翼学者のようなことではなく、ごくごく当たり前のことです。

恋愛の自由。
通信の自由。
移動の自由。

派遣機関は恋愛の自由を認めていないです。特にChina。日本ではそんなことは許されません。私は自宅に頻繁にパートナーを招き入れて同室の者に迷惑をかけない限りは特に注意はしておりません。ただ、入れたことでトラブルになるケースもあります。招き入れたパートナーが帰った後、同室の実習生の貴重品がなくなっていたこともありました。

通信の自由は携帯、PCについてですね。7,8年前まではネット禁止なんて企業もありましたよ^^;もう、そんな企業はなくなりましたが、一部ではまだあるとのこと。これだけネットが発達した時代にそんなことが出来るなんて逆に驚きです。

移動の自由。
これは何も転職OKにしろというわけではありません。たまの休みに泊まりで旅行に行く。連休を利用して母国の家族に会いに行きたい、冠婚葬祭があったら一時帰国できるようにするなどです。

一時帰国禁止を原則伝えていた時期もありましたが、一時帰国は許可しております。

中華思想を持って海外で平然と我を押し通す民族の受入れは反対しますが、同じアジア人を人間扱いしない日本人経営者に対しては嫌悪の念しかありません。数十年後には「実習制度という名の強制連行があった」「奴隷労働を強要された」たなんて言われかねません。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ブローカーども, 企業の不正行為

執筆者:

関連記事

不法滞在者が実習実施機関(企業)に在籍していたこと

  不法就労者の雇用…。 以前、組合傘下の企業さんで不法就労者を雇用していました。もちろん、企業さんは彼らが不法就労者とは知りませんでした。 実習生の受け入れを10年以上行ってきた企業なので …

自分と絡みのあった担当者が飛ばされたり降格したり

私が担当している企業の担当者たち、技能実習生の監督不行き届きで降格、お仕置きの人事異動を受けてしまったことがあります。 担当者が技能実習制度や労基法を軽視し、労務管理も技能実習生の私生活の管理もずさん …

実習生が入社しても健康診断をやらない企業

3ヶ月に1回、監理団体による実習生受入企業への監査がございます。 賃金台帳、実習日誌、現場視察、実習生へのインタビューなどなど。監査の際、実習生たちが雇入れ時健康診断、定期健康診断を受けているかを確認 …

入国管理局、労働局による講習会ってもっと頻繁に開いてほしいよね

平成27年6月22日、入国管理局、労働局による技能実習生の適切な受け入れ及び管理に係る講習会(労務管理等講習会)が行われました。「2年前かよ」と思うなかれ。当たり前の基本的なことですが、この原則さえ守 …

no image

技能実習生の高額出国手数料がトラブルの原因という報道

このブログを書き始めてから、技能実習生の失踪の原因が高額な出国手数料にあると書き続けて来ました。 毎日新聞がようやく出国手数料とブローカーについて記事をアップしておりました。 法務省が失踪した技能実習 …