外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

企業の不正行為

不法就労助長罪にご注意!直接雇用じゃないからと言って安心できない!

投稿日:

第73条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

一 事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた者

二 外国人に不法就労活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者

三 業として、外国人に不法就労活動をさせる行為又は前号の行為に関しあつせんした者

2 前項において、不法就労活動とは、第19条第1項の規定に違反する活動又は第70条第1項第1号から第3号の2まで、第5号、第7号、第7号の2若しくは第8号の2から第8号の4までに掲げる者が行う活動であつて報酬その他の収入を伴うものをいう。

不法就労助長罪を軽く見てはいけません。

「うちの会社で雇用している外国人は技能実習生だけ」

と、言われても、人材派遣会社を通じて現場で働いている外国人労働者がいるかもしれません。受入企業が彼らの在留カードや在留資格を確認しているケースはほぼありません。人材派遣会社任せ。

これは非常に危険です。

不法就労助長罪は構成要件は非常に広範囲であり、判例上不法就労外国人の雇用主ではない従業員や派遣先企業も立件されています。最近は、書類送検だけでなく逮捕されるケースが増加しているので、

「派遣会社が管理士ているんだから、うちは関係ない」

と言っても通りません。

在留カードを始めとする書類は必ずチェックすること。チェック方法は簡単です。入管で配布しているアプリを使えば一発。

私が担当している企業で起こった出来事です。

その企業は人材派遣会社A社を通じて外国人労働者を20名雇用。

A社が他社に派遣している外国人が、在留資格外の活動をしていました(人文知識などの在留資格なのに現場仕事をやらせていたようです…)。外国人の就労派遣事業はやったことがないし、詳しくはありません。

その企業さんはA社との取引は辞めたそうです。

てんやわんやだったとのことです。もしかしたら、A社からの労働者は引き上げさせたのか…?それはわかりませんが、とにかく不正就労助長罪は広範囲に及びます。

人材派遣会社が派遣している外国人労働者であっても、在留カード、在留資格の確認は必ずしましょう!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-企業の不正行為

執筆者:

関連記事

外国人技能実習生と現場の人間がコミュニケーションをとっていないと困る

やっと出ましたね。新制度の中身っ! http://www.jitco.or.jp/press/detail/2508.html さて、 外国人技能実習生より、「必須作業じゃない仕事ばかりやらされている …

ころころと外国人技能実習生の出身国を変える企業の特徴

2012年の夏くらいからですかね。当時、外国人技能実習生の圧倒的割合を占めていた中国人でしたが、尖閣諸島問題が浮上し日中関係が悪くなりました。これを潮に中国人実習生の受入人数が減り、それに取って代わっ …

no image

外国人技能実習生は奴隷か!?

極左ジャーナリストが書きそうな刺激的なタイトルですね。 今回は極左ジャーナリスト巣内尚子の著書をご紹介します。 彼女は足で取材してベトナム人の「実情」を知ったと豪語しておりますが、「日本悪い、ベトナム …

no image

賃金未払いは認定取り消しが待っている…

ふむ…。 この前認定取り消しになった企業のお話ですね。 外国人技能実習で賃金未払い 徳島県のメーカー、認定取り消し 11/26(火) 11:57配信 徳島新聞 外国人技能実習生に対して賃金の未払いがあ …

実習生が入社しても健康診断をやらない企業

3ヶ月に1回、監理団体による実習生受入企業への監査がございます。 賃金台帳、実習日誌、現場視察、実習生へのインタビューなどなど。監査の際、実習生たちが雇入れ時健康診断、定期健康診断を受けているかを確認 …