外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

法制度とか

元入管職員や元厚労省の役人を組合に天下りさせるな!

投稿日:

 

技能実習制度を蝕む輩をこのブログでは上げてきました。マスコミで批判されている内容はもちろんのこと、専業ブローカーや監理団体の職員の皮をかぶりながらブローカー行為に勤しむ輩、技能実習生たちから多額の出国費用をせしめている極悪送り出し機関…などなど。

外国人技能実習機構が本気でブローカーを取り締まるために必要な4つのこと

批判の根本にあるのは上記に加え官公庁からの天下りを抱えた監理団体にもあります。

監理団体が元官僚(主に法務省、入管)や政治家を理事に置くのはメリットがあるからです。

  1. 箔がつく
  2. 法令違反をした場合違反事項をもみ消せるから
  3. 内部のコンプライアンスを引き締めることができるから

3.は2.と矛盾するかもしれません。
確かに「我々組合が違法行為をしても政治力で解決するために元法務省の人間を理事に加えておこう」という発想は良いことではありませんが、理事にそれなりの人をおいておくことで、内部の引き締めを図るのは良いと思います。

「元入管局長の〇〇さんが理事なんだから、組合運営をしっかりしなくちゃ。〇〇さんの顔に泥を塗ることはできない」

となればよいのですが…。

多くの組合は彼らの政治力を頼みにしています。

外国人技能実習機構や法務省も「元上司」が在籍している組合にはそうおいそれと重い処断を下すことはできません。一度くらいは見逃してくれることもあるでしょう。

この馴れ合い。
天下り。

天下りはお偉いさんの再就職先でありますが、何より「取り締まる側が取り締まられる側に就職」するという非常にふざけた行為です。警察庁の高官が全日本遊技事業協同組合連合会などに天下りするのと同じです。

これではいくら外国人技能実習機構が頑張って悪徳監理団体を懲らしめようとしても、彼らの政治力を恐れて思い切った処断ができません。

安倍首相が外国人労働者のブローカー排除を宣言

結果的に悪徳監理団体は生き残る。

ブローカー排除も結構ですが、政府主導で政治家、官僚の監理団体への天下りも徹底排除すべきです。

-法制度とか

執筆者:

関連記事

no image

農業外国人労働者の解禁っぷりがすごいです

外国人就労で政府案 農作業全般 可能に 雇用側「経験」が要件 12/18(火) 7:04配信 日本農業新聞 改正出入国管理法(入管法)に基づく外国人労働者の新たな受け入れ制度で、農業分野の制度詳細を盛 …

技能実習生の専門級強制受検で溶接協会は大盛況!

人数枠をとにかく2倍にしたい。 技能実習3号として技能実習生を呼び寄せたい。 まだ新制度の2号で義務付けられた随時3級試験を受けている技能実習生はいないでしょう。 しかし、すぐに受け入れ枠を拡大するた …

技能実習生法が徐々に明らかになってきた…?

各地方の連絡協議会等などからすでに技能実習生法に関する資料が配布されているかと思います。優良団体か普通の団体か、はたまた監理団体として存続できるのか…資料を読んでいて非常に不安になりました。先日参加し …

必携!外国人技能実習生受入のための教材、資料を無料で手に入れよう!

  外国人技能実習生を受け入れていても、イマイチ制度全体について理解しきれていない。 労務管理についてわからないことがある。 制度についてはぼんやりとわかるけど、体系的に理解していない気がす …

麻生太郎大臣のミャンマー協会が実習制度を利用して大儲け?

麻生太郎財務省が最高顧問を勤めているミャンマー協会に関して、ビジネスジャーナルが批判記事を書いております。 監理団体は、実習生の受け入れ先から1人につき毎月3~5万円前後を「監理費」として徴収する。「 …