外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

法制度とか

元入管職員や元厚労省の役人を組合に天下りさせるな!

投稿日:

 

技能実習制度を蝕む輩をこのブログでは上げてきました。マスコミで批判されている内容はもちろんのこと、専業ブローカーや監理団体の職員の皮をかぶりながらブローカー行為に勤しむ輩、技能実習生たちから多額の出国費用をせしめている極悪送り出し機関…などなど。

外国人技能実習機構が本気でブローカーを取り締まるために必要な4つのこと

批判の根本にあるのは上記に加え官公庁からの天下りを抱えた監理団体にもあります。

監理団体が元官僚(主に法務省、入管)や政治家を理事に置くのはメリットがあるからです。

  1. 箔がつく
  2. 法令違反をした場合違反事項をもみ消せるから
  3. 内部のコンプライアンスを引き締めることができるから

3.は2.と矛盾するかもしれません。
確かに「我々組合が違法行為をしても政治力で解決するために元法務省の人間を理事に加えておこう」という発想は良いことではありませんが、理事にそれなりの人をおいておくことで、内部の引き締めを図るのは良いと思います。

「元入管局長の〇〇さんが理事なんだから、組合運営をしっかりしなくちゃ。〇〇さんの顔に泥を塗ることはできない」

となればよいのですが…。

多くの組合は彼らの政治力を頼みにしています。

外国人技能実習機構や法務省も「元上司」が在籍している組合にはそうおいそれと重い処断を下すことはできません。一度くらいは見逃してくれることもあるでしょう。

この馴れ合い。
天下り。

天下りはお偉いさんの再就職先でありますが、何より「取り締まる側が取り締まられる側に就職」するという非常にふざけた行為です。警察庁の高官が全日本遊技事業協同組合連合会などに天下りするのと同じです。

これではいくら外国人技能実習機構が頑張って悪徳監理団体を懲らしめようとしても、彼らの政治力を恐れて思い切った処断ができません。

安倍首相が外国人労働者のブローカー排除を宣言

結果的に悪徳監理団体は生き残る。

ブローカー排除も結構ですが、政府主導で政治家、官僚の監理団体への天下りも徹底排除すべきです。

-法制度とか

執筆者:

関連記事

no image

優良要件適合申告書の文化交流系は簡単に加点してくれない

優良要件適合申告書の文化交流系の設問で、 地域社会との交流を行う機会の概要 日本の文化を学ぶ機会の概要 という問いがあります。 https://www.otit.go.jp/files/user/19 …

厚労省発行の外国人の活用好事例 日本人は外国人のために我慢して優遇しなくてはいけないの?

厚労省が発行している外国人の活用好事例なる冊子をダウンロードしてみました。 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11655000-Shokugyou …

それでも外国人技能実習生事業に携わっている理由

先日、外国人社員をたくさん入社させて、彼らが働きやすいような仕事環境・生活環境を整えましょうという厚労省のパンフレットに関して紹介しました。 外国人高度人材を受け入れるための手引と判断しました。先進国 …

外国人技能実習機構へ書類提出…叩き返されること2回

皆様、新制度への対応いかがでしょうか? 11月1日以降、特定監理団体(技能実習1号、2号。3年のみの受け入れ)として活動ができるように資料を山ほど持って行ってきました。   もちろん東京本部 …

期限切れの在留カードで再入国できる?

9月3日現在。 在留期限が9月20日の技能実習生。 これから資格変更をする。 ただ、どうしても一時帰国することになってしまった。帰国予定期間は9月12日から9月24日まで。 結論から言うと再入国は可能 …