外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

実習生の管理

全ての職種が3号に移行できるわけではない

投稿日:2018年10月18日 更新日:

計画認定申請書類を提出して、許可をもらうまでの時間が非常に短くなりました。
初回の認定に関しては3,4ヶ月かかった企業もありましたが、2回目以降の計画認定申請ですと提出書類も減り、なおかつ許可までの時間が短くなりました。

3週間~4週間。早い場合ですと2週間で降りたこともあります。

しかも地方事務所によってスピードが全く違い、外国人労働者がひしめき合っている中部地区ではやたらと早いですね。すぐに受理票が来て、すぐに許可がおります。東京周辺ですと1ヶ月はかかるのですが…。

すべての職種が3号に移行できるわけではないっ!

これは私の不勉強なので笑ってほしいのですが。新制度になったらすべての職種が3号に移行できると思いこんでおりました^^;下記のURLにある通り、マーカーのある職種は現在3号への移行は不可能です。

というわけで、外国人技能実習機構にどうして3号に移行できないか電話して聞いてみました。

  • 技能実習3号2年目に受験する「上級試験」が設定されていない。
  • 上級試験という最終目標がないため3号の計画が立てられない。
  • 職種に係る協会が上級試験を設定し、これを元に技能実習計画を作成し、法務省から許可をもらう。これにより3号技能実習が可能になる。

3号として戻って来れないのであれば、2号2年目の専門級試験を受験する意味がなくない?
いえ、そんなことはありません。近々できそうだとのことでした。
3号が整備されて戻って来れる状況になった時、専門級試験合格者であれば戻ってこれますしね。

居室のスペースは一人4.5平方メートル

これをきちんと守っていない企業が多いっ!
旧制度では寝室、厨房等全面積÷人数で3畳(4.5平方メートル)あればよかったのですが、現行制度では面積を算出する際、居室以外のスペースを含めてはならず、押入れ等のスペースを除いて3畳ないといけません。

外国人技能実習生の部屋割りについて 個室が一番!

というわけで、企業さんには無理を言って部屋替えを行ってもらいました。
と言っても私の担当している企業では2社だけでしたが。そもそも、2DKの部屋に4人暮らしではプライベートが確保されておらず、ストレスが溜まりがちです。China人などは母国で6~10人のタコ部屋ぐらしに慣れているとはいえ、日常的に喧嘩をしており、殴り合いの喧嘩をした程度では警察沙汰にもならず、日本とは全く違う社会です。

それと比べれば2DKで4名は極楽かもしれません。しかし、最近の実習生はプライベートを重視しますし、海外でのストレスもあるため「個室」を提供するように企業に働きかけています。その甲斐があってか、理解ある企業さんも増え2DKに二人暮らしが増えてきました。喧嘩のリスクが大幅に減り、ここ2年は喧嘩騒ぎを聞いておりません。

いくらスペースの基準を満たしているとはいえ、実習生を2DKの部屋に4人以上叩き込んで良いという考えはあまりよろしくないと思います。自分が住めるのかと考えてから部屋を割り振るようにしたいですね。







-実習生の管理

執筆者:

関連記事

実習実施者(受入企業)に在籍している海外駐在経験者を味方にしよう!

受入企業の待遇、実習生の資質が良かったとしても、受入企業の担当者がきちんと管理できなければ、徐々に実習の質が下がってきます。一期生の場合、日本人と日本語で直接やりとする機会が多いため、日本語はそれなり …

中国人技能実習生がおみやげに持って帰るもの

  閑話休題ってことで。 中国人技能実習生たちを多く見送って来ましたが、帰国の時に持って帰るものは大体決まっていますね。 日本の化粧品は言うに及ばず、食べ物も大体決まっています。 1.牛乳石 …

訳の分からない屁理屈をつけてくる中国人技能実習生

7月に入って第1週の時点でスクランブル発進が3回。異常です。平成29年7月は波乱の幕開けとなりました。この波乱についてはうんと先に書くことにして。今回は他の話題を提供させていただきます。 いつもの企業 …

外国人技能実習生の実家に行ってみる

現在、特定監理団体の資格を取るための書類作りに精を出していますが、ゆくゆく…というか、傘下の受入企業さんの実習生が技能検定3級実技試験に合格したら、すぐにでも一般監理団体の資格申請を行うつもりです。 …

上達しなくても外国人技能実習生に日本語学習を継続させるべき

外国人技能実習生たちにはもちろん、受け入れ企業の担当者の方にも実習生たちの日本語学習の大切さを常々話しています。日本語が彼らにとって必要悪であること、仕事や私生活で必要であるばかりではなく、自分を守る …