二億円の所得隠しをしていた監理団体



もうすでにハイエナが動いていると思いますけどね。

約2億円の“所得隠し”指摘…外国人技能実習生の監理団体等「国税局と経費の認識に違い」追徴税額約1億円
9/18(土) 18:48

愛知県一宮市にある外国人技能実習生の監理団体らが、名古屋国税局から合わせておよそ2億円の所得隠しを指摘されていたことがわかりました。

所得隠しを指摘されたのは、一宮市の外国人技能実習生に実習先を斡旋する「アジア共栄事業協同組合」とその関連会社です。

関係者によりますと、組合などは2020年3月期までの3年間に、合わせておよそ2億円を架空の経費として申告するなどしていて、国税局が所得隠しと認定したということです。

追徴税額は重加算税を含めおよそ1億円で、組合はすでに修正申告し、全額を納付しています。

東海テレビの取材に対し、団体の理事長は「所得隠しをした覚えはなく、隠蔽もしていない。国税局と経費の認識に違いがあった」とコメントしています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/39e55ba167655d691828efead479efcf66cc3524

これは言い逃れできませんね。
脱税は一発でレッドカード。退場です。
許可取り消しの上、完全に締め出されます。

この団体の企業さんもどうなるのか?
私の勝手な想像ですが、よくあるパターンとして、この団体の理事長がコピー団体をもっていてそこに移籍するのでしょう。

2億円の所得を隠すような悪徳団体ですから、所得隠しが明るみになることを知っていたはずです。そんな団体がおいそれと自分の抱えている実習実施者(受入れ企業)を手放すわけがありません。ちゃんと自分の息のかかった監理団体に移籍するはずです。

ハイエナ根性丸出しのうちの部長が意気込んでました。

「所得隠し団体に営業の電話をかけろぉ!」

うがった見方をすれば、所得隠しが明るみに出たことを契機に、ろくでもない実習実施者との関係を断ち切るのかもしれません。良い企業はきちんと移籍。ダメな企業はハイエナにプレゼント。

ハイエナからも謝礼をもらうかもしれませんね。

かわいそうなのは、企業と実習生、それとその団体でまじめに働いていた職員です。