中国人がまたしても偽造在留カード



 

道頓堀に在留カードの「偽造工場」か SNSで客募集
小松万希子2021年5月6日 18時00分

外国人が日本に中長期にわたり在留するために必要な在留カードの偽造物を所持したとして、中国籍の30代の男が2月、出入国管理法違反の疑いで愛知県警に逮捕された。男は外国人から「注文」を受けて偽造カードを発送、1千万円以上を売り上げていたという。県警は、男が大阪で大規模な「偽造工場」を稼働させていたとみて調べている。

https://www.asahi.com/articles/ASP565752P3TOIPE022.html

偽物を作って本物を駆逐していく。
悪貨は良貨を駆逐するとはまさにこれ。民度の低い連中を入れると日本がおかしくなってしまいます。

Chineseは非常に危険であると、何度も書いてきましたし、最近ようやくウイグル大虐殺でChinaが国際社会から批判を受けるようになってきました。バイデンと中共のプロレスで終わる可能性もありますが、とにかく鬼畜外道の所業については必ず報いを与えなければなりません。

偽造在留カードを発見!最強のアプリが入管から配布!

過去記事で紹介しました偽造カードを見抜くアプリ!

在留カードの偽造対策としては、以前紹介した偽造を見抜くアプリがあります。
これはぜひともすべての日本企業の人事部職員全員にダウンロードし、採用時には必ず使用してほしいです。