China物産店と最近増え始めたベトナム物産店に要注意!



すでに今更感のある話ですが、これだけベトナム人やChineseの犯罪が増えていると、「物産店も危険なお店がある」ことを、技能実習生たちに再周知しなければなりませんね。まっとうなお店がほとんど…と信じたいのですが。怪しいのも相当数あるはずです。

実際にあった話で、China物産店でうちのChinese実習生と在日Chineseが乱闘騒ぎを起こしたことです。相手は1名、こちらは3名。うちの1名がサシで勝負をしたらしいのですが、とばっちりどころか被害を被ったのは店側です。

彼ら自身がそれほど殴り合ってはおらず、物産店で販売されている商品を投げつけることが多かったという…。警察に被害届は出さず、喧嘩した2名がそれぞれ被害額を折半して支払って終了。

技能実習生の言い分だけですが、確かに相手の方が悪いので、特に厳しい処分にはしませんでした。もう5年も前の話です。

物産店の心配なこと

物産店では他社の技能実習生や在日同胞との出会いがあります。そのような自然な出会いで、悪人と知り合ってしまった場合は仕方がありません。ただ、物産店という立場を利用して悪事をそそのかすのが心配です。

1.行きつけの実習生にアルバイトを紹介する。

過去、Chinese実習生が物産店で知り合った男性からアルバイトを紹介されました。週末に青いトラックの荷台に乗ってどこかへ行こうとしているのを、同僚の実習生が目撃。私に報告があり、事実確認の上厳重注意。それでも繰り返したので、現行犯で帰国させました。

2.技能実習生の個人情報を盗む

スマホのSIMカードを販売する際、在留カードの提示を求められます。
店側は在留カードのコピーを取得し、よからぬことに使用しているようです。証拠がないので、確たることは言えませんが、技能実習生から不審な点について報告されたことがあります。

  • 身に覚えがない携帯電話料金の督促
  • 携帯電話にやたらと詐欺メールが届く
  • 知らない人(Chinese)から電話が何度もかかって来て、金を払えと脅される

物産店が技能実習生の個人情報を名簿屋などに売りつけた可能性があります。

3.おかしな宗教に勧誘する

China物産店の前で法輪功関係の人間が「大紀元」新聞を無料配布しております。在日China大使館のまえでもよく配布していますね。
そこで法輪功に感化されてしまい、実習先から失踪。7年前に失踪し、未だに出てきません。

技能実習生に「行くな」とは言えず…、気をつけろとしか言えませんね。