外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

ニュース 実習生の喧嘩

実習生の宿舎をケチるな!プライベート空間を充実させよう!

投稿日:2018年12月7日 更新日:

群馬県伊勢崎市で同居していた女性中国人技能実習生が殺害されました。

中国人女性技能実習生を殺害!実習生同士の争い

監理団体や技能実習生受入企業であれば、殺人事件にこそならなかったものの刃物を脅して相手を威嚇する、凶器を使用してのどつきあい、流血騒ぎを経験した事があると思います。

私も何度ものChina人同士の喧嘩を見てきました。

殺人事件には至らないまでもどこにでもある話なんですよね。
殺害にまで至るとは、よほど複雑な事情があるのだろうと思われがちですが、記事にある通り些細なことが積み重なって爆発するのが一般的です。

  1. 生活リズムが違う(夜勤者と昼勤者が同居)
  2. 喫煙者と禁煙者が同居
  3. きれい好きとそうでない人間が同居
  4. PCゲームで遊ぶときに爆音を放つ
  5. 性格の不一致

などなど。
掃除の仕方や食器の片付け方、シャワーやトイレの使い方一つで文句を言い合い、1ヶ月、3ヶ月、半年、一年と一緒に過ごしていればイライラが蓄積していきます。お互い文句を言い合って発散できる程度であればよいのですが、怒りがたまると殴り合いからの殺人事件へと発展してしまいます。

私が監理していた企業で、男性China人実習生が殺人未遂事件を起こしました。

喧嘩のきっかけはタバコの煙とゲーム音でした。China語で罵り合いを始め、殴られた方が台所にあった包丁を持って反撃。取っ組み合いをして包丁を奪われた方は頭から腕、背中と切り刻まれておりました。

駆けつけた時は床は血まみれ。3名で住んでおり、仲裁に入った1名はこれ以上止めることは無理と判断して会社に駆け込んで、会社が警察に通報。

私は、警察側の通訳が来るまで、連行された実習生に付き添い事情聴取の通訳を務め、その後は病院に運ばれた実習生の通訳と治療の立会。見た目ほど重傷ではなかったのが不幸中の幸いで、命に別状は全くありませんでした。

1日何度も私含め関係者が警察に呼ばれました。現場検証にも立ち会い、あの2,3日を思い出すだけでドッと疲れが出てきますよ^^;警察官の方は日々あんな仕事をしていると思うと、本当に頭が下がります。

殺人未遂で両名とも勾留されました。

プライベートの確保と快適な部屋

実習生の部屋割りって本当に大事です。仲が悪い者同士を住まわせるのは厳禁ですが、3DKの部屋に6名住まわせたりするのは絶対によくありません。制度上いくら「居室面積4.5平方メートル/人」だからといって、間仕切りの無い大部屋に6人以上住まわせるのは絶対にやめた方が良いです。

個室であればプライベートが確保できて、仕事で疲れやストレスが溜まってもかなり解消できます。方や仕事もプライベートも集団生活。しかも同僚同士であっては疲れを癒やすこともできません。

個人の人間関係も大事ですが、部屋割りが大事です。

プライベートを確保することで、高確率で余計なトラブルを回避することができます。





-ニュース, 実習生の喧嘩

執筆者:

関連記事

またやった建設業!カンボジア人技能実習生がうつ病に追い込まれる

建設業で働いている技能実習生たちが、賃金未払いあるいは低賃金でこき使われている現状はこのブログでも書いてきましたし、他のブログやニュースを見ても溢れんばかりにネタが転がっています。低賃金、過酷な労働状 …

no image

監理団体の職員は出張が多い!ビジネスホテルで注意すべきこと

この仕事をしていると全国飛び回り、日帰り出張ができずにビジネスホテルに泊まることが多々あります。ビジネスホテルに泊まる際には注意が必要です。西日本新聞でこんな記事が。 観光を装って来日し、ホテルの客室 …

どーなる!?インド技能実習生の受入開始だっ!

自動車整備、ビルメンテナンス等の新職種に加えて、介護。様々な分野に外国人技能実習制度が食い込んでいます。移民受け入れに関しては過去の記事でも述べました。やはり、ドンドン門戸を開放することについては危機 …

no image

売国移民法案通過っ!入管法改正となりました…

  改正入管法、未明に成立=政府、来年4月導入へ準備―外国人就労を拡大 参院は8日未明の本会議で、外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法を自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数 …

外国人が医療費を踏み倒してトンズラしても、逮捕は2年後?

どこまでも外国人にお優しい日本政府に腹が立ちます。 医療費未払いの訪日観光客、再入国拒否へ…政府 訪日した外国人観光客が医療費を支払わずに出国するケースが相次いでいる問題で、政府は、医療費の未払いを繰 …