外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

監理団体の不正行為

名義貸しやっている組合さん…少しずつ手入れが入ってない?

投稿日:2018年10月22日 更新日:

備忘録でも書いたように現行制度へ移行してからというもの、法律やルールが変わっており旧制度と同じと思ってぼーっと仕事していると足元をすくわれることになります。私自身あの運用要領を何度も熟読したわけではないのでスキだらけですよ。

で、気になったのが名義貸しの部分でございますよ。

そもそも名義貸しとは具体的にどんなことなのでしょうか。

法第38条 監理団体は、自己の名義をもって、他人に監理事業を行わせてはならない。

パターンとしては、

  1. 民間アパートの一室を借りて組合職員なりアルバイトを常駐させているにも関わらず、支店として登記せず機構に届出をしていない。
  2. 株式会社、有限会社などに組合の看板を貸して、監理事業を丸投げしている。

うちの組合はアルバイトを雇っています。東北や関西地区の通訳、緊急時本社から組合職員がすぐに駆けつけられない場合、とりあえず通訳を先行させるためです。

組合の支店や拠点などは構えておらず、監査や巡回を行う際は本社から組合職員が行き、それに通訳が同行する形をとっています。

ところが、知り合いの組合職員によると支店を設けているにも関わらず登記をしなかったり、登記をしているにも関わらず外国人技能実習機構に支店として届出を怠っていたり。

このようなずさんな運営をしている監理団体に機構の臨検が入り不正がバレる。改善命令になったのか、それとも是正指導、是正勧告程度で済んだのかはわかりません。

知り合いが在籍している組合に新入社員が入社。その方は以前組合に勤めていましたが、機構の手入れが入り、支店をきちんと機構に報告していなかったため閉鎖せざる負えない状況に追い込まれ、人員削減が行われたとのこと。どんな処分がくだされたかわかりませんが、とりあえずその組合自体は生きながらえているとのこと。

気になったので付き合いのあるChina派遣機関の職員に聞いていました。

「お付き合いしている組合で、名義貸しして潰れた組合をご存知ですか」と。

名義貸しの意味についてしばらく説明した後、

「あーそういう組合さんならありますよ」

とのこと。

やっぱりあるんですね。

「才谷さんの組合で私の知り合いを雇ってくれませんか。組合がヘマ(名義貸し)やって失業しちゃったんですよお」

話を聞くとその方もかなりずさんな監理しかできないそうなのでそれ以上採用の話は進みませんでしたが…そもそもそんな人材を私に紹介するなっ^^;!

機構がどれだけ取り締りを強化しているかわかりません。ちょろっとアパートを借りて、団体に監理を丸投げして自分は汗をかかずに監理費を稼いでいる団体があるようであれば、徹底的に不正行為として取り締まってほしいです。支店という名ばかりの名義貸しが通用しては絶対にならない。

もし、本当に機構が一生懸命この手の不正に対して厳しく臨んでいるのであれば大歓迎です。失踪や左翼新聞が大好きな日本人の外国人への人権侵害ネタではないため、メディアが注目しない内容ですが、実習制度を運用していくにあたって大事な決まりです。

悪い組合はガンガン締め上げ、悪徳理事長たちをしょっぴいていただきたいものです。

-監理団体の不正行為

執筆者:

関連記事

no image

制度の闇の一端があらわになったのに…介護、コンビニも危険!

先日のガイアの夜明け報道でジャパンイマジネーションが叩かれております。「外国人技能実習生を不適切な人権労働環境のもとで製造されていた」とコメントをしています。ニュースを検索したら同様の記事が3つ以上出 …

ここまで堕ちたか…。実習生にアルバイトを紹介する組合

派遣機関の方とお話をしていると、想像も出来ないような組合があるものですね。前回の記事でも書きましたが、またしても西日本です。 外国人技能実習生は実習実施場所以外での実習。 実習職種以外の職種での実習。 …

名義貸し、飛ばし行為は救いようのない不正行為!

飛ばし、名義貸しを行い、入管に知られた場合、その処分は極めて重く、監理団体、受け入れ企業も良くて大ダメージ(新規の受け入れ停止)、新規の受け入れ停止に加え、在籍している技能実習生の即時帰国です。 名義 …

監理団体の皆さん!監査報告書、巡回報告書はつけていますか!?

「当たり前のことを聞くな!」 と怒る方もいらっしゃると思います。でも、意外とこれらをきちっと残していない監理団体さんも存在しています。先日、受け入れ規模500人ほどの監理団体さんがお取り潰しになったと …

入国管理局、労働局による講習会ってもっと頻繁に開いてほしいよね

平成27年6月22日、入国管理局、労働局による技能実習生の適切な受け入れ及び管理に係る講習会(労務管理等講習会)が行われました。「2年前かよ」と思うなかれ。当たり前の基本的なことですが、この原則さえ守 …

GALLEIDO ガレイド・プレミアム・パルファム