外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

企業の不正行為 監理団体の不正行為

計画認定が降りても在留資格が下りなかったり、期間更新ができなかったり

投稿日:

技能実習生の計画認定。
計画認定されるのが異常に早い事務所もあります。東京では大体3週間~5週間ですが、地方ですと2週間ほどで認定されてしまうこともあります。

地方事務所によっては厳しくチェックしているところもあり、一概に地方が早いとも言えません。

計画認定はあっさり下りてしまうけれども、在留資格認定が下りなかったケース、在留カードの期間更新、資格変更ができないケースもあります。

知人の組合が監理している実習実施者。

計画認定されたのに在留資格認定がもらえず…。

和菓子を製造している会社で、実習生にやらせている作業は和菓子製造なのに、職種を「缶詰巻締」で申請。チェックが甘い外国人技能実習機構は現場をろくすっぽ調べもせずに「計画認定」をしてしまい、それを持って入管に在留資格を申請。

その企業さんは旧制度から実習生を受け入れており、組合と結託して法律の目をくぐるのは朝飯前。ただし、いざ入管などが抜き打ち検査に来た際「巻締の機械」だけは設置(倉庫に入れていた)しておりました。

で、先日本当に入管が立入検査にやってきてしまい倉庫に鎮座ましましている巻締機械を発見。

「普段の実習で…使ってねーだろ…これ?」

というごくごく当たり前のツッコミ…ならぬ指導を受けてしまいました。

在留資格認定もされず、期間更新もできず八方塞がりの状態です。

不正行為認定されるのでしょうけど、いずれにせよ「偽装職種」をしていたので、不正行為認定されようとされまいとこの企業で受入は不可能でしょうね。

外国人技能実習機構も少しは入管を見習って摘発してほしいものです。

-企業の不正行為, 監理団体の不正行為

執筆者:

関連記事

派遣機関からマージンをもらっている組合職員を締め出すべし!

かつての同僚がうちの組合を辞め、他の監理団体へ移って行きました。 より良い待遇ももちろんですが、社会的ステータスをちょっとでもあげたいと、彼は思っていました。はっきりは書きませんが、財団法人、社団法人 …

ここまで堕ちたか…。実習生にアルバイトを紹介する組合

派遣機関の方とお話をしていると、想像も出来ないような組合があるものですね。前回の記事でも書きましたが、またしても西日本です。 外国人技能実習生は実習実施場所以外での実習。 実習職種以外の職種での実習。 …

監理団体がマージンもらってお取り潰しになった

「マージンをもらっている人はいねえがあ~!?」 派遣機関の人間と話していると、 「組合さんでマージンをもらっていない人なんていませんよ~ぐしし…」 「ふふふ…越後屋…お主も悪よのお~」 という展開にな …

※拡散希望※東日本大震災直後、超大手監理団体は原発技能実習生を受け入れていた

技能実習生による除染作業は今に始まったことじゃない! 私は当時全く知らなかったのでお恥ずかしい限りですが… 国際人材育成機構(アイムジャパン)は東日本大震災直後に原発技能実習生を受け入れていたのですね …

実習実施機関(受入企業)と監理団体を守れ!受入企業の飛ばしは絶対に防げっ!

不正行為による入管の正義の鉄槌から少しでもダメージを軽くする方法 自分が所属している監理団体が不正行為を行わないよう厳しく戒めていく、また、受入企業で不正行為が行われないよう定期巡回、監査を行ない、実 …