外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

キックバック話 企業の不正行為 派遣機関の問題

接待だけが仕事だと勘違いしている派遣機関が徐々に追い詰められている

投稿日:

一昔前であれば、実習生を選抜にやってくる組合職員、企業担当者を適当に接待していれば「良い派遣機関」と言われていました。

日本企業の社長も接待だけを楽しみに中国、ベトナムへ出張していた人もかなりおりました。そのため、接待をする派遣機関の側も「適当に飯を食わせて、酒飲ませて、女を抱かせれば良い」のだと考えています。

中国などは特にお客を接待するだけが仕事と考えています。お客を接待することは良いことであるし、接待好きの民族だからというのも理由の一つでしょうけれども、その方が彼らにとって楽なんです。接待重視でやることをやらない。

  1. 面接までに人材を選抜していない。基地(派遣機関の下部組織)から上がってきた人材をそのまま本番の面接に投入。
  2. 事前教育をしっかりやらない。
  3. アフターフォロー無し。

とんでもないのは、日本側が現地で面接や筆記試験、合格者に対する注意事項の説明に対して「早く切り上げるよう催促してくる輩」すらいます。H社がまさにそうでありました。社長より、

「早く食事に行こう」
「実習生に対する説明は10分で終わらせてくれ」
「雇用契約の話はこっちでやるから、今はしなくてよい」

別に社長が忙しいわけでもありません。
とにかくきちんと仕事をしないんですよ。受入れ企業の親戚だかお友達だか知りませんけど、きつく叱りつけましたけどね。ふざけ過ぎです。

今でもお付き合いのある受入れ企業D社。
1期生は私共と付き合いのあった派遣機関で、レベルの高い技能実習生たちであったのですが、D社にいた中国人スタッフより「派遣機関のH社を使え」と要望がありました。やれ、H社の社長は俺の親父の友人だとか、遠い親戚だとかほざいていましたが、何のことはないキックバックがほしいだけのことです。彼らの言う親戚だ何だというのは、たいてい嘘です。

キックバックの弊害について、D社の担当者に伝えた所、

「社長の懐刀だし、別に彼(中国人)がフトコロを潤したとしても、会社に悪影響がでなければ構わない」

わからないんですよ。キックバックの弊害が。

  • キックバックをもらうことで派遣機関側の利益が減ります。減るだけならまだしも、利益を減らさないために、支払うキックバック分を技能実習生の出国費用に上乗せすることもあります。
  • 「キックバックを払ってやっている」という気持ちが強くなり、企業、組合に対して舐めた態度を取る
  • 実習生をまともに教育しなくなる。
  • アフターフォローをしなくなる。
  • 良い人材を選抜しなくなる。

このChina人の取る行動が企業にとって何のメリットも無いどころか、返ってリスクの方が大きいことは明らかです。それでも構わないと窓口の担当者は言っておりました。押し切られる形で派遣機関H社から受入れましたよ。6名。

まあ、酷いものでした。ビジュアル的に日本語を覚えられない顔つき。知能テストの結果も最悪。面接もその場を取り繕うだけのパフォーマンスなので呆れ果ててしまいました。くだんのChina人も立会い「才谷さんの結果はどうですか?」と聞かれたので、正直にいいました。「はっきり言って合格者はいませんよ」と。ただ、強いて上げるのであれば補欠程度の人材は一人いると。

あからさまに嫌な顔をしていましたね。

無理くり6名採用していましたw

3年後、この6名はどうなりましたでしょうか?

内2名は技能移行試験に不合格。1年で帰国。
内1名は入国後7ヶ月で万引き。帰国処分。
内2名はど付き合いのケンカをしたので帰国。

たった一人です。任期を全うして帰国したのは。私が補欠として認めた1名です。自画自賛しているわけではなく、本当に情けない結果でしたね。帰国の度に企業担当者から「何とかしろ!」と言われましたが、責任の大半は御社にもあることを伝えましたよ。China人を泳がせておくと必ず将来問題が起こる。キックバックを黙認してしまったことも要因の一つであると伝えたら、黙りこくりました。China人だけでなくキックバックをもらう日本人も同様です。

帰国処分の時に必ず揉めるのが保証金等の問題です。保証金そのものは少なかったのですが、技能実習生たちがH社に支払った金額が平均以上でした。日本円にして80万円ありました。

これでは不満が爆発するのも無理ないでしょう。一部でもいいから返金してくれと騒いでおりました。揉める度にH社の駐在員を呼びつけるのですが、屁理屈、理由をつけては来訪を拒否され続けました。

結局こういうことなんですよね。
H社はだいぶ技能実習生の派遣数が減ったらしいです。キックバックで組合と客をつなぎとめていたようですが、顧客の大半が建築や農業、水産。法律違反、ケチケチな体質、下衆な体質なところも多かったのでしょう。また、派遣機関に管理能力がない、育成能力もないと分かれば淘汰されるに決まっています。







-キックバック話, 企業の不正行為, 派遣機関の問題

執筆者:

関連記事

成長しない企業、成長する企業

外国人技能実習生を受入れはじめて、同年数経った企業が複数ありますが、技能実習生の管理方法が洗練され、トラブルへの対処、常日頃の生活環境の管理、現場での指導がしっかりしている企業。また、逆に場当たり的で …

グループ企業同士の飛ばし現場を解決しよう

最近知ったのですが、職業能力開発協会の技能検定試験は以前の基礎1級、基礎2級に分かれていたのですが、今年から「基礎級」に統合されました。 昨年までは基礎2級に合格することが、技能実習2号に移行するため …

ベトナム人技能実習生に除染作業を超低賃金でやらせる非道

常識では考えられない、人を人とも思わない企業はいつまで経ってもなくなりません。 時事通信から。 参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000 …

農業技能実習生の闇を特集した東洋経済

東洋経済の移民特集の中に外国人受入れの暗部として農業技能実習生が扱われておりました。先日の記事で茨城県鉾田市にて中国人夫婦が失踪した中国人技能実習生たちを大量雇用し、莫大な収益を挙げたものの不法営農と …

監理団体もどきのブローカー

専業ブローカー、アマチュアブローカーとなりこの制度を悪用して飯のタネにしている輩を排除し、付き合いをするべきではありませんが、監理団体職員の皮をかぶったブローカーもどきの輩は最も唾棄すべき存在です。 …

GALLEIDO ガレイド・プレミアム・パルファム