ベトナム人お断りの流れは技能実習生事業にも影響あるでしょう



クソみたいな同胞のおかげで、善良なるベトナム人がめーわくしているそうです。

広がる「ベトナム人お断り」 職探しもアパート探しも難しく……ベトナム人女性の告白
12/21(月) 17:12配信

文春オンライン
「求人票に“ベトナム人以外”とはっきり書かれているのを見たときはびっくりしました」

そう語るのは、都内で建設会社に勤務するベトナム人タオ・ムオイさん(27)。同じように日本で働く友人が転職活動をしているのだが、「ベトナム人お断り」の案件が多く、困っているのだという。

言うまでもなく、日本でベトナム人による犯罪が相次いでいることに対する動きだ。国籍を制限して求人することは、職業安定法など労働関連法令によって禁じられてはいるのだが、実際はベトナム人の応募を受けつけない企業が増えているという。

こうして日本社会から「拒絶」されるベトナム人のほぼすべては、犯罪と何の関わりもなく暮らしてきた人たちだ。

「犯罪については、同じベトナム人として許せないし、がっかりしています。日本人が怒るのもよくわかります。でも、すべてのベトナム人が悪いと思わないで」

と、ふたりは口をそろえる。

「ときどき悪口が書き込まれるようにもなりました」

と言う。「お前も豚を解体して食ったのか」「日本から出て行け」……そんな心ないコメントも寄せられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/50e47ea43602417bf42eb001b66c43adaa4cabc6

 

確かに、自分たちがまっとうに生きているのに、心無い同胞の悪行のせいで自分たちまで偏見の目で見られるのは気の毒ではあります。が、仕方がありませんね。こう毎日毎日ベトナム人による犯罪があると、警戒しないで「ベトナム人を受け入れている人間」のほうが問題あります。

新聞沙汰にはならないけれども、技能実習生事業をやっていれば大なり小なり事件はあります。万引き、喧嘩、麻薬所持などなど。全部警察に突き出し、勾留期間中に在留期限が切れれば入管へ。それから強制帰国。期限内であれば、我々が空港まで連れて行って叩き出す。

しかし、ベトナムへの帰国便が非常に少ないため、悪事を働き実習先を解雇された技能実習生は、監理団体が保護しなければなりません。保護という言い方もあれなんですが。とにかく身柄を引き取って、提携している日本語学校に押し込めて、家賃、水道光熱費、食費を監理団体が負担しなければなりません。

ひどい話です。機構のシェルターがあるので、そこにぶち込みたいです。
まあ、それは冗談として、早く帰国できるように大使館に掛け合うしかありません。ベトナム人全体とは言いません。犯罪を犯したベト共はどんどん帰国させたいです。