中国人女性技能実習生がまた喧嘩!



また喧嘩ですよ。
と言っても、前回とは別の企業の実習生ですが。

自粛自粛で外出をすることが少なくなり、更に仕事も減った。やることがなくなるとすぐに喧嘩をおっ始めるのがChina人技能実習生です。

喧嘩の理由は物音と話し声。
昼勤夜勤者が2名で暮らしており、生活のリズムが違います。
炊事洗濯の音が気に入らない、ネットで家族と話している時の声がうるさい。

これが理由です。

  1. 客観的に見て悪いのはA。
  2. Bが口で注意し、Aが突然切れて罵詈雑言を浴びせる。
  3. Bも言い返したところAがいきなり鉄拳制裁。
  4. BがAに掴みかかり取っ組み合いに。Aに引っかき傷を負わせる。
  5. Bは怒って更に殴りかかった。
  6. Aは部屋を飛び出し、同僚が住んでいる部屋に逃げ込んだ。

ここまでひどいと本来であれば即帰国です。

文書で警告するのが精一杯。
とりあえずすぐに部屋を変更しました。

ちょっと口論した程度では部屋替えはしませんが、命に関わることですので即断です。

Chinaでの喧嘩を見ていると、凶器で人を殴ることに何の躊躇いもありません。凶器はなかっただけまだマシなのか。
「憎いから殴る。刺す、斬る」

本当に野蛮な連中です。
顔面や頭部を蹴ることがどれだけ危険なことか。

子供も大人も非常に危険です。