送り出しとの不適切な関係



出てましたよ。

令和元年 10 月 31 日

監理団体 代表者 各位

外国人技能実習機構監理団体部長

送出機関との不適正な関係について(再度の注意喚起)

 貴監理団体におかれましては、外国人技能実習機構の業務にご理解とご協力を賜
り、厚く御礼申し上げます。
今般、法務省と厚生労働省は、令和元年 10 月8日付で、監理事業に関して送出
機関との間で不適正な契約を締結していた監理団体について、外国人の技能実習の
適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(以下「技能実習法」という。)第
37 条第1項に基づき、監理団体の許可を取り消しました。
本事案は、監理団体が、送出機関との間で、「技能実習に係る契約の不履行につ
いて違約金を定める内容の覚書を交わしていたこと」、「覚書の中で、技能実習法第
28 条第1項の規定に照らして不適正な内容の取決めを交わしていたこと」の理由に
より許可取消となったものです。
送出機関との不適切な関係については、平成 29 年 12 月 14 日付で各監理団体に
対し注意喚起を行ったところですが、本事案のように、当機構に提出している契約
(協定書)とは別に送出機関と覚書を交わし、技能実習生が失踪等した場合に送出
機関から違約金を受け取ることや、送出機関から監理費以外の手数料又は報酬を受
けることを約することは許されないことを再度注意喚起します。
この機会に、監理団体の役割について、再認識していただき、適正な監理事業を
行うよう徹底して下さるようお願いします。

https://www.otit.go.jp/files/user/191031-1.pdf

再度の通知文。
外国人技能実習機構が臨検を行い、不正を発見したということでしょうか?
この手の悪徳監理団体はドシドシ潰してほしいです!もはや悪徳監理団体というよりも、単なる悪徳業者ですけど。