ウーバーが不逞ベトナム人を雇用!からの代表が書類送検!



ウーバー運営法人を書類送検 外国人不法就労させた疑い 警視庁
6/22(火) 14:18

時事通信

不法残留の外国人を配達員として雇い働かせたとして、警視庁は22日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」の運営法人「ウーバージャパン」(東京都港区)と関連会社の女性代表(47)=東京都中央区=ら2人を書類送検した。

技能実習生の資格で入国し、在留期間が経過していたベトナム人2人はブローカーを通じ、他人名義の資格外活動許可証などを提出したが、同社は面接による本人確認を怠っていたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a5e5b6f18e4119f553b07c3f52dfadeb890c04c5

ウーバーにも化けていた不逞越人。
それを雇う企業も大問題。

そもそも、パスポートや在留カードを確認すればわかること。
在留カードの確認は入管の偽造在留カード見破りアプリを使えばわかるはず。

それでも在留カードが非常に精巧にできていて騙されてしまった場合、企業にも同情の余地はありますが…。そうでなければ企業の怠慢あるいは故意に安かろうで雇ったのでしょう。

外国人の雇用は非常にリスクがあります。

ダイバーシティ?
多様性?
多民族共生?

一見きれいごとのようなものに騙されて、外国人を雇えばグローバル化なんて思っている企業がいかに多いか。

文化も違う、金銭感覚も違う、仕事への取り組みも人間関係に左右される。上司や同僚への好悪の感情で仕事ぶりが異なる。

身分証が偽造なら犯罪者。
在留期限が過ぎたら不法滞在。

こんな簡単なことを理解せずに、人柄がよさそうだからとどこの馬の骨かわからない外国人を雇用してしまう企業が後を絶ちません。

しかし…。

今の菅政権、二階などのイカレタ政治家たちは、この事件を受けて、

「かわいそうだから特定技能や技能実習の外国人の職種に配達を含めてはどうか?」

などと言いかねませんね^^;

とにかく日本を破壊することしか考えていない政権ですから油断なりません。