日本の在来生物を次々と乱獲、盗んでいく不逞外人たち

真っ暗な海に怪しい光…横行する外国人の『ワタリガニ密漁』 500匹被害の現場から逃げる3人組を追った
9/9(水) 12:01配信

FNNプライムオンライン

塩ゆでにしても、パスタにしてもおいしい、旬を迎えた「ワタリガニ」。
漁獲量が日本一の愛知県。漁が最盛期を迎えている8月、美浜町でワタリガニの密漁が横行している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5d4479ef8dcbe1cacc8abfcd9a6fa26a0687031?page=1

Chinese、ベトナム人は海の物、川の物何でも乱獲して売り捌いたり、食物連鎖の頂点に立ちますね。

Chineseによる牡蠣の密猟、乱獲。鯉やフナ、ナマズなどの川魚を大量に乱獲して、日本国内の中華料理屋に流している組織もあります。自分の食い扶持だけでも捕獲するのは許せません。

グローバル、多文化共生と言いつつも、貧しいアジア人を受けれているだけです。一部の大企業が安い外国人労働者を受け入れて、自分たちだけが儲かる。そのつけは弱者に回ってきます。

畜産農家、農家、漁業者。低賃金労働者としてやって来ている彼らの母国は、法は破るためにあるものです。低モラルの飢えた低賃金労働者が犯罪を犯す。まずは日本人が被害者となり、警察が動く、裁判所が動く、入管が動く。安い労働力の代わりに多額の税金が飛んでいきます。日本人の生活が脅かされるのはたまったものではありません。

結局税金を使うことになりますが、とにかく不逞外人を締め出す以外に方法はありません。
・技能実習制度において受け入れ職種の制限、送り出し国の制限。入国制限に繋がります。
・漁協、農協が警察、地方自治体と一体となって、見回りを強化。
・罰則を強める。

他にも各種ビザの発給のハードルを上げるのが一番ですが、安倍のようなグローバリストがすでに超緩和してしまい、更に上を行く菅が後継者だそうですから、ますます不逞外人の入国は増えていくでしょう。

今回の中共ウイルス武漢肺炎騒ぎで、自国第一、トランプ大統領のような思い切った政策が必要であるのに、それをしないとは…。やはりChinaや半島などの反日連中に取り込まれているのでしょう。