外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

移民難民について

Chinaメディアごときに心配される日本の労働環境

外国人労働者が日本に来ると、一連の潜在的リスクももたらされる。河野氏の推計では、不法滞在などで統計に組み込まれていない外国人は最多で21万人おり、労働単価の安い外国人労働者を大量に雇い入れると、同じ仕事に従事する日本人の賃金上昇を抑制する可能性がある。

また、外国人労働者の多くは外国人技能実習制度を通じて日本に滞在しているが、この制度は今では「裸の王様」などと言われ、現実との乖離が深刻だ。労働現場の第一線で働く人々に適切な賃金が支払われず、制度下にある実習生の給与から食費、家賃、社会保険料などを差し引けば後にはほとんど何も残らない。こうした状況の中、不法就労の外国人労働者がますます増え、一連の監督管理の問題もそれに付随して起きてくる。

現在、日本が外国人労働者に頼り切っていることは争えない事実だ。措置を打ち出して日々深刻化する高齢化現象に対処することも、外国人技能実習制度を改善することも、どちらも目下の急務だといえる。

http://www.recordchina.co.jp/b568137-s10-c20.html

もうね。

嫌になるでしょ?


安倍政権は現在外国人労働者の受け入れやあからさまな移民受け入れは取らないと言いつつも、実際は「技能労働者なら」という変な名目をつけては、実質労働者を受け入れています。それはこのブログでおなじみの外国人技能実習生であり、偽装留学生であり、偽装難民たちです。

「移民受け入れ、単純労働を担う外国人労働者受け入れマンセー!!」と言うと国民から突き上げを喰らうため、安倍首相及び自民党はこんなこと絶対に言いません。言ってくれた方がいいんですけどね・・・国民が猛反発するだろうから。

Chinaメディアとは言え、日本の左翼弁護士や左翼言論人、左翼メディアなどと比べたら真っ当な意見だと思います。外国人労働者が増えると管理監督が大変だと言っているんです。日本の左翼知識人や人権団体は、

  1. 建前ではなく本音で外国人労働者を真正面から受け入れろ。
  2. 法整備をして外国人労働者がより良い暮らしになるようにしろ。
  3. 外国人が困らないような行政サービスを!
  4. 日本は少子高齢化で経済が低迷している!

それにしても…4.の少子高齢化で経済低迷しているは嘘でしょう。動画の馬渕睦夫先生がおっしゃるように、これは明らかな刷り込みです。経済の低迷があったとしても、少子高齢化だからじゃないのは明らかです。企業は安い労働力がほしいだけなのです。

それに引き換え、このChinaメディアの記事はどうでしょう?

記事にある通りで、外国人労働者(不法就労、技能実習生)の賃金は低く設定されているので、これが基準になっていくと日本人の給与は上がらない。上がらないどころか、日本人の雇用を避ける動きが生まれます。いや、もう生まれていると言って良いでしょう。

日本の外国人頼みの労働環境に警鐘を鳴らしてくれていますし、問題点を完結に述べてくれていますwなんでChinaメディアに心配してもらわにゃならんのじゃ…。真っ当な事を言っているので、余計に情けなくなってきます。




スポンサーリンク




-移民難民について