技能実習生入国なるか!?入国禁止措置、3月に段階緩和へ!



 

2/12(土) 18:44配信

共同通信
政府は12日、新型コロナウイルスのオミクロン株対策で導入している外国人を対象とした入国禁止措置について、現行期限の今月末まで維持する一方、3月以降は延長しない方向で調整に入った。感染状況を注視しながら段階的に緩和する。一部の入国を例外的に認めている留学生らの扱いや、待機期間の短縮が焦点。来週にも方針を明らかにする。国際的に見ても厳しい内容の水際対策には、経済界などから不満の声が大きかった。

岸田文雄首相はこれまで、現行の水際強化策を巡り「2月末まで骨格を維持する」と強調。同時に「人道上、国益上の観点から必要な対応を取る」と説明していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e0ec4348ee4375faeca12a62fb3759fa16975d5

3月に入国が再開されるそうですが、報道に煽られることなく、冷静に所管の省庁の公式発表を待ちましょう。これだけ期待させておいて、特定監理団体の実習生の入国は、在留資格認定の取得時期が早くても後回しにされる可能性はあります。

 

解禁したら解禁したで様々な不平不満が巻き起こるでしょうけど、それは時間が解決してくれます。一日あたり5000人をめどに入れるとの報道もありますし、実習生がどうなるかは報道を見ただけではわかりません。まずは公式発表を待つこと。

 

 

入国緩和いいでしょう。

でも、その前にコロナを指定感染症の2類から5類に下げないと隔離措置や数日間の待機が義務付けられてしまうため、経済を回すのに支障をきたします。治療薬もでき始めたのだから、もういいでしょう。

 

当初は私も怖がっていましたからね。そのころは満員電車にも乗らず、テレワークしたり、接触を避けたり、外国人の入国規制をしろと言っておりました。しかし、実際は風邪の症状が多く、インフルのような猛威を振るうことはなく、多くの実習生が感染したものの2,3日で快癒していました。

 

これって本当に怖い病気なの?という思いです。

 

死者数や重症者が増えてはいるものの、老人ばかりで、無理やり恐怖をあおるような報道ばかりです。10代の少年が交通事故で死んで、PCRやって陽性。はい、10代コロナ死者のいっちょ上がり。それで恐怖を煽ってワクチン接種を勧める…。

 

ワクチン効かないのに、隔離期間もくそもないだろうに。
2019年12月以前の生活様式に舵を切らないと世の中回りませんよ。

ワクチン証明も何も意味はない。

 

以前の記事で紹介した通り、2020年6月にNEDOという政府と連携してコロナ対策をしている独立行政法人は2024年まで続くと予測しており、その予測表がまさに今までの軌跡と合致するので恐ろしさを感じます。

https://www.nedo.go.jp/content/100919493.pdf

 

シナリオ③に該当するのが現在ですね。
まあ、そう仕組んでいるんでしょうけど。

 

・集団感染事例が継続
・ウイルスが強毒化、HIV、ヘルペスウイルスのように体内に残存
=薬、ワクチン開発、集団免疫獲得に失敗

⇒ニューノーマルの定着、新しい経済活動方針策定
仕事・学校:オンライン化
DXの導入:幅広い分野で進行
経済低迷、政治体制変容
社会変化は急激に起こり継続する

 

まさにプランデミックというやつですね。

ワクチン接種を勧めることで、ウイルスもどんどん変異して、接種済みの人間に感染していくんじゃないのかな?コロナウイルスは風邪のウイルスなので不思議なことではない。

イスラエルなどの接種先進国なんてバンバン感染しているから、日本もそうなりそうです。