失踪した特定活動者を御用!



「日本で働きたくねえズラ」

と言って、半年前「特定活動就労不可」を申請したベトナム人実習生。

就労不可で純粋に帰国便を待つとのことで、日本語学校に住まわせていたようですが、1ヶ月ほどで失踪。

失踪したにも関わらず、Facebookでうちの組合のベトナム人職員との連絡は続いていました。
この辺が中国人と違うんですよね…。居場所こそ教えないものの、困ったことがあると相談してくる。

失踪届を出しており、不法滞在になるなあと思っていた矢先。

彼からうちの組合のベトナム人職員に連絡があり、「入管に連れて行ってくれ。在留カードの期間更新をしたい」とのこと。

ベトナム人職員から相談を受けたので、とりあえず一緒に入管へ行き、そのまま警備部門(不法滞在者などを扱う部門)に叩き込めと指示を出しました。

実習生「俺はまだ日本にいたいんだ!だから延長したい!在留期限は3日しか過ぎていないしなんとかなるだろう!」

と、凄んできましたが、知ったこっちゃありません。
こいつは何度も我々を騙してきました。うちの通訳や送り出し機関の駐在員もよほど人が良かったのでしょうねえ…。彼の言うことを聞いていたのでしょう。

私は当然拒否。

彼の身元なんて保証しませんし、入管からは「監理団体がきちんと面倒見るのであれば…緊急措置として2週間の滞在を許可しますが?」などと言われましたが、即帰国させるべきです。今ではベトナムへの便なんて格安でいくらでもあります。

私は再度延長を拒否。

「手続きはしません。不法滞在としてこちらで留置してください」

入管の窓口は嫌がっておりましたが、なんとか警備部門に押し込んでもらいました。
臭い飯を食らうことになるのかはわかりませんが…、とにかくこの不逞越人は危険です。犯罪に関わらないうちに叩き込めてホッとしました。

現状、彼以外は問題のある実習生はいないので、しばらくは平和な日々が続く…と思われます。