外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

監理団体の不正行為

派遣機関からのタレコミ

投稿日:

 

自分が所属している組合は多少なりともまともだと思っていましたが、やはり黒い部分があるもの。
組合の上部の人間がキックバックマージンを受け取っていることが判明しました。

判明と言っても書庫書類があるわけではなく、派遣機関から「Zさんはうちからキックバックマージンをもらっている。以前は○○万円だったが最近は▲○万円支払わうよう凄まれるので大変困っている」

とのこと。

企業配属前の日本語講習機関も要注意

金額は控えますが。
うちの上司がどこの国籍はだいたい察しがつくと思います。軍事拡大と世界の派遣を狙っている成り上がり、ゴロツキ国家です。

派遣機関だけでなく、日本国内の講習機関からもキックバックマージンを受け取っていると噂が流れており驚いています。

どうすればよいのか?

物的証拠がなく証言のみ。

対応が難しいです。

1.探偵に依頼して彼の身辺を調べてもらう。
これにはお金がかかります。

2.派遣機関の方に証人になってもらい外国人技能実習機構へ通報する
これはリスクが高い割に、Z氏を追い込むことができるか非常に微妙。

3.Z氏の机を漁ってみる。
証拠をそんなところに残すわけがない…。

4.他の上司に話す
話しました。彼はこの件に関してひどく消極的でした。知らぬ顔の半兵衛を決め込むつもりです。

どうすれば良いかわからないので外国人技能実習機構に問い合わせました。
細かい内容は省きますが、結局「証拠さえあれば」とのことでした。できれば文章で報告した方が良いとのことでしたので、この一件を文章にして提出しました。公益通報ってやつですね。

この程度では動かないと思いますが、何もしないよりもマシです。







-監理団体の不正行為

執筆者:

関連記事

マージンを欲しがる中国人は取り扱いに注意

  外国人技能実習生の受け入れをしているとブローカーやらキックバックやマージンやらの話を時折聞きます。一頃と比べて、この手の話は大分少なくなりましたが、1年に1回は耳に入りますね。過去に起こ …

入国管理局、労働局による講習会ってもっと頻繁に開いてほしいよね

平成27年6月22日、入国管理局、労働局による技能実習生の適切な受け入れ及び管理に係る講習会(労務管理等講習会)が行われました。「2年前かよ」と思うなかれ。当たり前の基本的なことですが、この原則さえ守 …

no image

計画認定が降りても在留資格が下りなかったり、期間更新ができなかったり

技能実習生の計画認定。 計画認定されるのが異常に早い事務所もあります。東京では大体3週間~5週間ですが、地方ですと2週間ほどで認定されてしまうこともあります。 地方事務所によっては厳しくチェックしてい …

名義貸し、飛ばし行為は救いようのない不正行為!

飛ばし、名義貸しを行い、入管に知られた場合、その処分は極めて重く、監理団体、受け入れ企業も良くて大ダメージ(新規の受け入れ停止)、新規の受け入れ停止に加え、在籍している技能実習生の即時帰国です。 名義 …

派遣機関からマージンをもらっている組合職員を締め出すべし!

かつての同僚がうちの組合を辞め、他の監理団体へ移って行きました。 より良い待遇ももちろんですが、社会的ステータスをちょっとでもあげたいと、彼は思っていました。はっきりは書きませんが、財団法人、社団法人 …