外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

「 企業への巡回・監査 」 一覧

外国人技能実習生と組合、派遣機関の通訳がしてしまいがちなダメな5つのこと

私は通常の巡回からトラブル対応まで、大概一人で行動しています。 組合にとっては経費が浮くのでメリットがあるかもしれませんが、一番おすすめなのは日本人スタッフと通訳で行くのが一番です。 一人より二人で行 …

ブラックに近いグレーな受入企業にJITCO巡回が来た時の話

グレーな受入企業にJITCOの巡回がやってくる…と、聞くとひやりとするものですが、例えグレーな受入企業であっても、あなたが毎月訪問して問題点を把握し指導していれば恐れるに足りません。常日頃、JITCO …

実習生に対する不満ははっきりと言ってもらおう!

  定期巡回を行っても、企業の担当者によっては実習生に不満があってもはっきり言ってくれない人もいます。 実習生達は現場で何か問題を起こしていませんか? サボったりしていませんか? と、聞いて …

実習実施機関(受入企業)に中国人職員が在籍しているメリットとデメリット

  中国人実習生の管理と言っても、監理団体は多くの企業を監理していますし、巡回は月に1回、その他の事務仕事もあるため同じ企業を月に2回以上回るのはしんどいです。事務所から受入企業の距離が近け …

技能実習生の残業時間を確保しなければ募集困難…でも、36協定特別条項越えの残業にも注意!

最近は中国の物価が上昇し、労働者の賃金も上がっていますし、更に円安も加わりトリプルパンチで実習生の募集が以前のように上手く行きません。しかも、中国人民元が国際通貨となってしまい…中国の勢いは大したもの …

実習実施機関(受入企業)への巡回って何をするの?

巡回・監査を派遣機関の駐在員に完全に丸投げしている監理団体さんもいるようですが…そういうのはやっぱりやめたほうが良いですよっ! 団体監理型の受入れにおいては, 技能実習は「監理団体」の「責任及び監理」 …

GALLEIDO ガレイド・プレミアム・パルファム