零細組合、中小企業もインボイス制度

うちみたいな弱小零細組合も対応しなければならない問題。bizoceanからの転載。

自分は経理じゃないけど、うちのおじいちゃん経理大丈夫かな?しょっちゅう銭勘定間違えるし…。


2023年10月から導入される「インボイス制度」により、経理業務が煩雑になるだけではなく、会社全体にも大きく影響が出る恐れがあります。

特に個人事業主や中小企業の方々にとっては影響が大きいとされるにもかかわらず、まだ対策に手を付けていないケースも珍しくありません。

本資料では、「インボイス制度」の導入によって何が変わり、何に注意するべきなのか、インボイス制度の概要と対応方法のポイントを詳しく解説いたします。

インボイス制度の概要と、企業が取るべき対策を詳しく解説!
▼無料の資料ダウンロードはこちらから
https://journal.bizocean.jp/material/20220228-2416/

 

▼目標設定から人事評価に至るまでのPDCAサイクルを適切に回す方法とは?
https://journal.bizocean.jp/material/20220718-2944/
組織内の人材情報を一元化し、目標管理や人事評価と連携した情報をリアルタイムで確認が可能!
リアルタイムで確認が可能となります。集約されたデータを分析することで
経営課題克服のための判断材料を明示し、人事戦略に役立てます。
本資料では、これまで30年間にわたって数多くの導入実績があるスマカンについて紹介します。

▼<新卒採用担当者向け>自社で収録がかなう!録画説明会準備・運営ガイド
https://journal.bizocean.jp/material/20220906-3185/
マンパワーを節約できるため、少人数で採用広報業務を担当している場合や、
職種別・採用フェーズ別などで複数のコンテンツを効率良く作りたい企業の皆さまに
おすすめしたいのが「録画配信型」のセミナーです。
一度収録してしまえば、繰り返し使えるのが最大のメリットです。
録画配信は適切な準備が完成度を大きく左右します。
そこで本資料では、必要となる基本機材・音声・照明・映像、そしてコンテンツについてなど、
準備と運営のポイントをまとめました 。

タイトルとURLをコピーしました