田中義剛の花畑牧場でベトナム人特定技能者がストライキ!からの決着

2022年3月27日



花畑牧場、ベトナム人従業員側の要求受け入れ 田中義剛社長は謝罪も(2022/3/19)

タレントの田中義剛氏が社長を務め、生キャラメルなどの製造販売で知られる「花畑牧場」(本社・北海道中札内村)で、ベトナム人従業員が待遇改善を求めてストライキを起こし、その後も労使が対立していた問題で、会社が従業員側の要求を受け入れる形で和解が成立した。従業員と支援する札幌地域労組は19日午後に北海道帯広市内で集会と記者会見を開き、「ベトナム人労働者の権利と名誉が回復する形で和解にいたり、非常に意義があると考えている」(同労組)と評価した。

ストは1月26日、ベトナム人従業員約40人が待遇悪化に抗議し、十勝第2工場(中札内村)で起こした。従業員寮の水道光熱費は月7千円だったが、十分な説明がないまま昨年10月以降値上げされ、今年1月には約2倍になっていた。

スト時に同社に労組はなく、会社側は「正当なストではなく、職場放棄」と主張。ストを主導したとみなしたベトナム従業員3人に対し、1人あたり50万円の損害賠償を請求した。スト前の田中社長と従業員の話し合いの音声ファイルが意図的に編集され、報道されたなどとして、3人を名誉毀損(きそん)容疑などで道警に刑事告訴もしていた。

https://www.asahi.com/articles/ASQ3M6FM9Q3MIIPE006.html

9~10月までの給与と、ストに対する7日間の出勤停止処分期間の賃金を解決金として支払うことになった。

ベトナム人従業員、勝利したようですね。
まさか芸能人として有名であった人なのに、こんなヘマをやらかすとは。

経営者が有名人であればあるほど、この手の労働問題は労働者側にとって有利ですよね。

特定技能のベトナム人でしょ…。

水道光熱費を勝手に上げちゃあ駄目でしょうよ…。

技能実習生も同じように大変です。外国人技能実習機構から指摘されたら改善勧告ものです。監理団体と連携して事前に値上げすることをわかりやすく説明しなければなりません。最悪、支払った後でも監理団体としては大至急遡及して支払うように要請し、外国人技能実習機構に報告しなければなりませんね。

問題が起きやすいですね。農家や建設、水産加工は…。
有名人なのでコンプライアンス意識が多少はあるかと思ったらこのざまです。

特定技能は技能実習制度と比べてまだまだ法律や運用面でゆるいところがあるので、受け入れやすい分、受け入れてから企業の好き放題になってしまうのかもしれません。

・家賃
・水道光熱費

などなど。

賃金から控除するものに変動がある場合、事前に企業から聞き出し技能実習生や特定技能者の了承を得てから変更しましょう。

花畑牧場のチーズやキャラメル、美味そうですね。高級そうで手が出なさそう。食べたこともないけど。