アメリカが中郷のウイグル人大虐殺を認定!

アメリカ大統領選挙の不正に腹を立てており、ムカムカした日を過ごしております。
そんな中、多少なりとも良いニュース。

米、中国のウイグル族「虐殺」を認定 新政権発足直前に発表
1/20(水) 3:11

ワシントン 19日 ロイター] – ポンぺオ米国務長官は19日、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)と犯罪」を犯したことを認定したと表明した。

ポンぺオ長官は声明で、入手可能な事実の精査を経て認定に至ったとした上で、「ジェノサイドが継続していると確信している。中国と中国共産党によるウイグル族壊滅に向けた組織的な攻撃を目の当たりにしている」と言明した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

日本のエセ平和左翼、人権左翼は、在日朝鮮人、Chineseの人権に関しては喚き散らすますが、China共産党によるウイグル人の大虐殺に関しては全く声をあげません。

日本の共産党が香港の人権弾圧について多少きついことを言っており、政権与党の自民党よりも心強く見えたくらいです。

バイデン政権になった場合、ウイグル人虐殺、香港問題に関してはほとんどと言ってよいほど手を付けないでしょう。その代わり、他国の紛争には積極的に関わり、戦争でお金を儲けるのが予定のようです。

 

タイトルとURLをコピーしました