日本政府は一刻も早く対応を!



アメリカは在武漢の在留邦人を救うべくチャーター便の準備をしました。自国民を守るごく当たり前のアメリカの行動。かたや日本はと言えば、Chinaからの団体客に制限をかけるとのこと…個人旅行者は山ほど来ています。

病院を10日で作ると豪語しておきながら、すでに工事は停止。
作れるわけがありませんし、この様子を見て騙されるのは日本人だけでしょう。
死体処理場、Chinaお得意の万人坑、贔屓目に見て隔離施設。

中国政府は26日、新型肺炎の患者が1975人となり、うち56人が死亡したと発表した。

こんな数字あてになりません。1000人以上死んでいておかしくありません。
Chinaの知人に連絡したところ、1万人以上死んでいてもおかしくないと言っておりました。

日本政府は全く何もしていませんね。新型ウィルスをコントロールしようとする姿勢すらありません。

「武漢が武漢が~」と報道するだけで、日本国内をどうするかを報じない。

武漢には病毒細菌研究所があり、そこからウィルスが漏れ出た可能性があるとの指摘があります。肺炎ウィルスが蔓延、死者続出は報道されているとおりですが、いきなり倒れこむのは肺炎ではないとのこと。別のウィルスがあるのでは?

■米国政府は、武漢在住米国人「1000人」を救出に、
医療品等と積んで武漢に専用機を飛ばすとの一報が、
今朝『月刊中国』鳴霞主幹から入って来ました。
さぁ安倍首相はどうするのか。

やる気があれば、政府専用機を二機飛ばせば済むことですので、
数日でケリがつきます。

こんな簡単なことを直ぐ出来ないのが日本の政治家なのです。

★総理官邸ホームページや安倍首相にガンガンメールで要請してください。

ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

安倍晋三首相ツイッターアカウント
https://twitter.com/AbeShinzo

安倍晋三首相フェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/abeshinzo




ニュース

Posted by 才谷大吾郎