日本第一党をヘイトスピーチ団体と報道するNHKの偏向ぶり



日本第一党がNHK朝のニュースに写っていたのでびっくりしました。
6月12日に放送されたものです。

有志の方が動画をアップしてくれました。

日本第一党をよく知らない人にとっては、

「帰れ帰れ!」を連呼している。
サイレンのようなものを鳴らしている。
怯えた子供の姿は日本第一党の立候補者を見たから。

と、印象付けられたと思います。

日本第一党の候補者の選挙演説を見ればわかります。威圧的な言動、騒音を鳴らしている、罵声、ヘイトスピーチをしているのは妨害している極左の人間たちです。

反日極左団体。
エセ平和団体の末端の奴らが妨害に来ています。

自分たちの意志にやって来ているものもいるのでしょうが、左翼団体から金をもらってやっている輩もいるでしょうね。この数ですから。

警察も彼らを真面目に止めようとしていません。

NHKは戦後、GHQの手先となって日本人と日本を貶めて来ました。戦後間もない「真相箱」というラジオで国民を洗脳。日本軍がいかに残虐非道か、南京で大虐殺をやったなどとデマ、捏造を放送。しかし、当時の日本国民は現在と比べて遥かにまともでしたので、真相箱のデマ内容について抗議の声がだいぶ届いたようです。

しかし、NHKは真相箱を放送し続けました。

「天安門事件はない」
「731部隊」

その他反日番組を、それこそ狂ったように放送し続けてきたのがNHKです。
NHKの報道内容の酷さもさることながら、受信料を徴収、職員は強姦、のぞき、チカン、恐喝、暴行事件を起こすなど悪傑ばかりが目立ちます。




ニュース

Posted by 才谷大吾郎