外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

実習生の喧嘩

ケンカっ!外国人技能実習生VS日本人社員!

私が担当してきた企業においても、日本人職員と外国人技能実習生の間で揉め事が起こったことがあります。とは言え、決して血みどろの殴り合いではなく、ちょっとした口論程度です。

滅多に無いことですが過去の事例を上げると、

  • 日本人職員が実習生に対して仕事のミスを指摘したところ、意味が伝わらずに実習生がバカにされたと思い逆ギレ。口論となった。
  • 「日本人職員たちが自分の悪口を言っている」と一方的に思い込み、「私の事バカにした!」と実習生がいきなり日本人職員に食って掛かった。※実際には彼の悪口など言っていない
  • 日本人職員が実習生の勤務態度について指導したが「ああ」「うん」といい加減な返答をしたためきつい口調で再注意をしたら、実習生がかぶっていた帽子を日本人職員に叩きつけた
  • ラジオ体操をしない実習生を叱ったら、手袋を地面に叩きつけて早退。

ぶっちゃけ小競り合いにも発展していません。監理団体の職員として日本人職員・実習生からヒアリングし指導等を行っています。
私が直接関わった案件ではありませんが、同僚や上司が監理している企業においては、日本人職員VS外国人技能実習生のドつきあいがありました。

 

WEB86_bonniramiai20150207135448_TP_V

これが俺の流儀!ケンカは…とどめを刺すまでだっ!執拗にハンマーで追撃!

ベトナム人実習生を受け入れている企業。
職種は建築大工ですが、工場内で木材を加工するという職場でタイムカードで勤務時間を取っていたので、他の建設業と違い問題の少ない企業でした。

若い日本人職員でベトナム人実習生を馬鹿にした態度を取る人がいました。仕事で無理をさせる。無理なノルマを押し付けたり、言葉がわからないのをいいことに実習生にミスをなすりつけたり。

日本語が上手ではないのをいいことに彼らの面前で悪口を言ったり、指示通りに仕事をしても叱責したりと社内でも手を焼く問題児でした。

ある日、その日本人が雑用ばかりをベトナム人にやらせていましたが、ベトナム人がこれに抗議。日本人職員は彼を怒鳴りつけ、罵り、言葉はわからないけれど自分たちの悪口を言っていることなんてわかります。激怒したベトナム人がその日本人を殴りつけてしまいました。

驚いた日本人は更に拳の一撃をもらい転倒。

今度は転倒した日本人目掛けて、ベトナム人が木製の大ハンマーを振り下ろしてきたそうです!間一髪転がって避けましたが、更に追撃!周囲の実習生が慌てて止めに入り殺人には至らなかったものの…恐ろしいですね。

ハンマーで人を叩くシーンなんて「シティーハンター」の槇村香以来ですよ…。

殴られた日本人は警察沙汰にしようとしましたが、殴った実習生を帰国させることで落ち着きました。もちろん実習生だって納得は出来ません。悪口を言われ続けじっと我慢し続けてきた悔しさもわかります。しかし、暴力を先に振るった方に非があるので仕方がありません。

その日本人も会社からペナルティを受け、それからしばらくして退職してしまいました。

 

バールでぶん殴られる!

技能指導員から日々叱責されている中国人実習生がおり、ある日自分のミスではないのに自分のせいにされ、それを上手く伝えることが出来ず反抗的な態度をとってしまいました。

反抗的な態度をとったので更に叱責すると、実習生は近くに置いてあったバールで日本人職員の二の腕に叩きつけました!

うずくまって大声を出し、二発目を振りかぶった時に周囲が駆けつけ仲裁。

その実習生は翌日帰国させられました。

中国人実習生同士の喧嘩は…まだマシです。

相手が日本人だと受入れ全体にも響きます。社内でも「やっぱり○●人は危険だ。受入れを中止しろ」という声が必ず上がります。保証や裁判にも発展しかねませんし、会社に対しても謝罪を求めることがあります。
巡回の時はもちろん、、入国前、入国後、配属前…口を酸っぱくして喧嘩は絶対にしてはいけない。絶対に手をあげてはいけないこと厳しく指導していきましょう。私も喧嘩の後処理や仲裁は…もう懲り懲りです。


スポンサーリンク



 



受入れ企業拡大、面接で海外に行く時にも使える書籍

-実習生の喧嘩