外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

実習生の管理

外国人技能実習生の退室時には要注意

 

健康保険証の回収、携帯電話、インターネットの解約手続き以外にも帰国間際にやっておくことがあります。

外国人技能実習生が帰国する前にやっておくこと

部屋の掃除です。ベトナム人実習生は男女ともに比較的部屋を綺麗に使ってくれますし、退去時に壁や備え付けの備品に損傷を与えることはあまり多くありません。それに引き換え、中国人実習生はというと…部屋の使い方が非常に荒く汚いです。

男性の実習生は特に汚いですね。女性でもひどい人がいますが…。

退去時に問題となる出来事

  • 壁の損傷(カビ、油汚れ)
  • 床の油汚れ
  • 換気扇、コンロ周りの油汚れ
  • 悪臭
  • 風呂場のカビ

中国人実習生がアパートに住むとたった3年しか住んでいないのに、10年以上経過したような凄まじい劣化が見られます。基本的に彼らが作る料理は油っぽいので、壁、床は常にヌルヌルしており、換気扇は1年も経たずにアブラまみれ、フィルターなんかは入居後2ヶ月持ちません。

彼らが平気で汚す場所は主に共用部分です。台所、風呂場、洗面所、玄関です。個人の寝室は割りと綺麗にしていて、整理整頓、少なくとも掃除機くらいはかけています。共用部分を清潔に保つ、みんなで使う場所だから汚さないように気をつけよう。こんな意識は中国人実習生にはありません。実習生だけでなくこの国の人民たちには全くと言っていいほどありません。学歴や出自を問わず公共心がないため、いくら口で言っても聞いてくれません。

 

私も毎度巡回の時に部屋を綺麗にするよう指導はしています。

しかし、共用部分はやはり汚いです。掃除を強制的にやらせるとしたら、軍隊の様にビシビシと締めあげてやらせるか、当番を決めてやらせるか…です。ただ、掃除をやらせるにしても月に1,2回しか訪問しない監理団体の職員では限界があります。企業さんの協力がどうしても必要になりますが、企業さんとてそこまで余力はありません。

当番を決めても守ってくれるのは、良くて最初の1ヶ月程度でしょう(笑)。

2f07421547c397a00d5bca9505d9c07e_s

 

それでも継続して整理整頓、清掃を行うよう指導していく

それ以降、何も言わないと、いや、言っても当番通りにやってはくれません。監理団体の職員としては巡回のたびに宿舎のチェックをし、汚れていたら厳しく叱りつけることです。現状、これしかありません。

  1. 厳しく叱りつけること
  2. 部屋を綺麗にしないと退去時に原状回復費用を請求すると伝えること

この2点を毎回伝えています。
すると、少なくとも私が訪問する前日には掃除をしているらしく、共用部分も含めて整理整頓、清掃がそこそこ…行き届いています。

「それじゃあ意味が無い!毎日キレイにしておかないと!」

そう思われるでしょう。でも、あなたが学生時代、社会人でひとり暮らしをしている時…毎日毎日整理整頓、掃除をしていましたか?彼らは3人、4人で2DKの部屋に居住しているので、ひとり暮らしよりも散らかりやすいです。

こちらでも詳しく書いています。継続して実習生に指導してくことです。警戒信号!実習生の部屋が荒れている!それは喧嘩への序章…部屋の乱れは心の乱れ!

月に一度でもいいから徹底的に掃除をしてもらうだけでも、アパートへのダメージはかなり軽減されます。

「才谷が来るから掃除しておいたよ」

と、ブスッと答える実習生。
これはこれで掃除しないよりも遥かにマシです。
実習生の部屋があまりにも汚すぎて、手の施しようがないと諦めてしまっては管理側の負けです。しつこく訪問のたびに叱ること。せめて、あなたが訪問する前日だけでも徹底的に掃除するようになれば合格点です。80点以上です。

退去時に原状回復費用や清掃費用で揉めないためにも、毎月の巡回で宿舎のチェック&指導を徹底しましょう。



-実習生の管理