外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

JITCOのセミナーとか

JITCOの交流大会、セミナー系の集まりで人脈は広がるか?

 

JITCOの交流大会、皆さんご存じですか?

年に一度開かれるJITCOの交流大会。今後、外国人技能実習生機構が設立される見込みなので、JITCOの存在そのものが希薄化しそうですが、まだまだ実習生の受入事業を行う上でJITCOの存在は大きいです。ここ3,4年は制度の改正が行われることもあってか、新たな情報を求めて熱心な監理団体の方々が結集しています。

技能実習報告、技能実習制度の見直し、監理団体による監査のあり方などは参考になります。その後の外国人技能実習生の日本語作文の発表になると、外でコーヒー飲み始める人もいるし、電話をかけに出る人もいます。それが終わると今度は会食タイム。JITCOだけあって、きちんとバイキングを提供して下さいます!私は貧乏症なのでガッツリと食事を摂ることに夢中になってしまいます^^;

雰囲気はフランクなので、名刺交換をしたり、尾ひれのついた噂を一つや二つ聴くことがあります。まあ、この業界も話を針小棒大に膨らます人も多いので、まるまる信じることはありませんが、参考程度にはなります。という訳で、食事も食べれて結構ましな集まりです。JITCO交流大会。

説明会と言っても、無料で参加できる集まりってイマイチなんですよね…。
そんなことネットで聞いたよ、昔話しただろ!去年と同じ話じゃないか~!などと言いたくなることがしばしばあります。うちの団体の常勤役員で、実習生のことを全然知らないくせにやたらと部下をこういった説明会に参加させるのがいます。知っている情報だし、仕事が溜まっているに参加したくないわけですよ…実務担当者としては。

「参加してレポートを作成しろ!」

と言われて嫌々参加している始末です。
自分がいちばん詳しくないんだから自分で参加しろよ!と思うのですがね。そうかと言って我々の書いたレポートをまともに読んでいるわけではなさそうです。ある職員が試しに以前のレポートをまるまるコピペして提出しましたが、何の反応もありませんでしたw

3dc8bdeb66995e3dd26cfda5367e5934_s

人脈を広げろと言っても、集まりはライバルの監理団体の職員ばかりです。
会社以外の人間関係を築くということは、ビジネスのヒントを得やすいことはわかっていますが、集まるのも同業種なので話しづらいんですよね。どうですか?調子は…的なことしか話せませんし。

同業種だけの人間関係の中では、業界の仕事以外の情報は疎くなります。付き合いたいのは実習生を受け入れられるキャパをもった企業、少なくとも派遣機関と知り合いたいものです。異業種交流会的なものに参加して名刺交換した方がまだマシです。
まあ、最近は異業種交流会もコンパと化しているようですが…。私の上司で多少物のわかる人は、

「無理やり名刺交換したってそんな人達のこといつまでも覚えていられないだろ?顔と名刺を一致させられるのは出会ってから1分以内」

確かにそうです。
こういった集まりに参加しても「どこかに実習生を受け入れてくれる企業はないか!?」と目をギラギラしていると疲れてしまうし、場にふさわしくないですよね。

私はJITCO交流大会では食事ばかりしていますが、派遣機関(名目は監理団体職員。派遣機関の駐在員が取引先の監理団体の名義を借りている事が多い)の女性スタッフと思われる人に話しかけています。仕事の話はほとんどせず、彼女のお国のことや食べ物のことについてです。

趣味の話とかも振ったり…まるでナンパですwその上司にこの話をしたら、

「それでいい。人脈ってのはそういう話題から作られていくもの」

とのこと。

頭の片隅に営業のことは置いといて、趣味や自分の好奇心を満たす行動をしていれば自然に広がっていきますもんね。東南アジア系の人たちとあまり接したことがないので、女性の駐在員ぽい人がいたらガンガン話しかけるようにしています^^


スポンサーリンク






-JITCOのセミナーとか