外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

外国人労働者 移民難民について

特定技能?技能実習5年間プラス5年の合計10年間日本に滞在

ちょっと待ってくださいよ!
最長で5年間の技能実習を終えてから、更に5年滞在できるって?

新設する資格は「特定技能(仮称)」。17 年10 月末で25 万人いる技能実習生に、さらに最長5年間、就労の道を開く。技能実習は農業や介護などが対象。新設する資格とあわせれば、通算で最長10 年間、国内で働き続けることができる。

技能実習制度とその本来の目的は維持するため、新資格は一定期間、母国に帰って再来日した後に与える。外国人の永住権取得の要件の一つに「引き続き10 年以上の在留」がある。いったん帰国してもらうため、技能実習と新資格で通算10 年を過ごしても、直ちに永住権取得の要件にはあたらないようになる。

新資格の保有者は、より専門性が高い在留資格に変更できるようにする。専門技能を問う試験に合格すれば、海外の家族の受け入れや、在留期間の更新ができる既存の資格に切り替えられる。
国内では25 年度に介護職員が約38 万人不足する見込み。農業人口はこの10 年で約4割減り、人手不足が深刻だ。技能実習生の多くが新資格に移行すれば、長期間、国内労働力に定着させることができる。

アジア各国の賃金上昇で外国人労働力の獲得は難しくなっているが、人材獲得競争にもプラスに働くと見ている。

リンク元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29256530R10C18A4SHA000/

平成29年10月末時点:
日本の労働力人口は約6600万人。
外国人労働者数は127万人。
労働力の50人に1人は外国人という状況です。

外国人技能実習生も含めてこの人数。更に上記の滞在資格が設立されてしまったら、ガンガン増えてしまいますよ。私も外国人技能実習生を受けいれている立場ではありますが…。最近の外国人を受け入れようという動きは異常です。

私は何度も書いている通り外国人技能実習生の受け入れに関しては縮小していくべきだと思います。

  • 反日国家からの受け入れ停止。
  • 受け入れ職種をこれ以上拡大させない。
  • 滞在期間をこれ以上長くさせない。
  • 失踪、キックバック等法律違反に関する厳罰化。

などなど

先日も「農業支援外国人受入事業」に反対であるとの記事を書きました。

農業支援外国人受入事業を知った…

<財政諮問会議>外国人労働者の拡大策検討と愚痴いろいろ

コンビニ業界に外国人技能実習生投入はやはり叩かれて当然

農業と介護とありますけど、もし、この滞在資格が施行されたら、現在の技能実習職種修了者全てが対象となる気がします。いや、なるでしょうね。特に農業なんてもう間に合っているでしょうに。不法滞在の中国人を使い農業していた中国人を逮捕!

「人材獲得競争にもプラスとなる」とありますが、イコール日本人の賃金は上がらないということです。

低賃金の外国人労働者の受け入れを拡大してしまったら(もうかなり増えていますが)、日本人の賃金は上がりません。安価な労働力に頼ることで、生産性を向上させようとする努力もしなくなります。

技能実習5年間、これに新資格の5年を加えて10年だが、永住権を与えることはない。とのことですけど、新資格の保有者はより専門性が高い在留資格に変更が可能です。抜け道はちゃんと確保してあるんです…。

より高度な資格と言ったら、人文知識、調理などなど…ですが、調理資格なんて学歴の低い元技能実習生にとっては狙い目ではないでしょうか?10年も日本で暮らしていたら、優しい日本人と出会うチャンスも多いでしょう。10年が過ぎても日本に合法的に滞在できるよう便宜を図ってくれる人もいるでしょう。また、日本人との恋愛、結婚で配偶者ビザとか。

こういった資格で長期間入り浸るのは隣国の特アの人間である。確定です。




スポンサーリンク




-外国人労働者, 移民難民について