外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

技能実習生の日本語教育

日本国内の日本語講習機関にもメスを

2018/01/30

外国人技能実習制度を批判する記事はたくさんありますが、日本語の事前講習(来日して1ヶ月間)を行う日本語学校等の風紀が乱れており、日本語をきちんと教育していない。あるいは教育しない学校が多数あります。もはや学校の体をなしていない異常な環境となっている機関もあります。

日本国内の事前講習機関は数日かけて下見をすべし

派遣国内で数ヶ月した後日本で更に1ヶ月学習します。この1ヶ月でそれ程上達するわけではありませんが、日本のルールや社会を身をもって体験してもらう貴重な時間だと思っております。当組合がお願いしている日本語学校は非常に厳しく、日本語教育も充実しており安心して任せています。授業も何度か拝見させていただいたところ、生徒の態度も良く私語もありませんでした。先生も非常に厳しかったですね^^

ただ、この学校に巡り合うまで長い時間がかかりました。組合から学校まで距離が遠すぎたり、あるいは教育の質が非常に悪く、授業もめちゃくちゃで自習ばかりという散々な有様でした。

以前、日本語学校の校長先生が実習生を愛人にしてしまった記事を書きました。不届き極まりない輩でした。他組合の方、企業さん、日本語学校の関係者に聞くとまともに日本語教育を行っていない講習機関ってたくさんあるんですね。

  1. 技能実習生が授業に出ない。
  2. 自習ばかり。
  3. 喫煙場所を守らず勝手にタバコを吸う。
  4. 宿舎を汚し放題。
  5. 宿舎のルールを守らない。
  6. 日本語教師の言うことを聞かない。
  7. いじめ問題。

いやはや…驚きました。先生が授業中に居眠りしている生徒を叩き起こすと、後日生徒から報復を受けるので泣き寝入りしているとのこと。授業中に公然とタバコを吸う。完全に学級崩壊してしまっており、ヤンキー高校もかくやと思われるほど。

どこの国から来た連中が一番ひどいんですか?という質問に対して、

「もちろん個人差はありますが…一番酷いのが中国人です」

とのこと。
確か…中国は腐っても儒教の国。年配者や教師を敬って当然かと思いましたが…反抗的な人間が多く、宿舎の規則を守らない人間がほとんどだそうです。先生に対する陰湿ないじめ、トイレを流さない、詳しくは書けませんがとにかく汚す…。声はでかい。やりたい放題です。本国にいるのと変わらない様子です。

ベトナム人はまだ良いとのことでした。正面から馬鹿にしたりする人はほとんどいないし、基本的におとなしい。真面目に勉強する人がほとんどだそうです。比較的東南アジアは真面目な方が多いそうです。

外国人技能実習機構は事前講習機関を調査せよ!

一度や二度の視察ではわかりませんので、抜き打ちで訪問して様子を探ることです。決して授業料が安いからという理由だけで決めてしまってはいけません。日本のルールを覚えさせ、規律、配属前に最低限のマナーを叩き込む大事な期間です。

安いけれども学級崩壊している日本語学校がはびこり、心ある教師はいるかもしれませんが、授業もしないのに金を儲けている。教育はせずに自習ばかりの学校は受け入れの資格が無いと思います。

外国人技能実習機構は企業や監理団体だけでなく、このような不良事前講習機関に関しても調査対象とすべきではないでしょうか?実習生たちは1ヶ月しか在籍していないので調査の仕方は難しいと思います。

しかし、企業や組合に対して散々煩雑な書類を多数作成させたり、非現実的な技能実習計画を平気で打ち上げる、申請書類費用として企業・組合からむしり取るルールを作った悪知恵を是非とも活かしていただき、事前講習機関(日本語学校)にも厳しい調査を義務付けてほしいものです。



-技能実習生の日本語教育