外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

移民難民について

三橋貴明氏がDVで逮捕からの釈放と外国人移民に関する討論会!

もう1週間ほど経ちましたが、三橋貴明氏に関しての記事です。
先日、経済評論家・作家の三橋貴明氏が妻への暴力で警察に逮捕されました。痴話喧嘩から暴力へと発展し、平手打ちで顔を打ち据える、噛みつきを行ったとのこと。奥様はすぐに被害届を取り下げたため釈放となりましたが、暴力は許されるわけではなく、前妻への暴力もあったそうですので、猛省すると同時にDVを行う癖があるようであれば、きちんとカウンセリング治療を受けて再起してほしいものです。

ネットの記事を見ると、彼の全てを批判しているものが多いですが、過去彼がしてきた主張や経済、日本の将来に関する見方は正しいものだと思いますし、民間議員なる奇妙な肩書をもった竹中平蔵パソナ会長に対して真っ向から立ち向かえる人でした。

また、経済政策や外国人技能実習生、留学生など移民政策についても一家言持っており、私も三橋氏の意見はほとんど正しいと思っています。彼の暴力については思い切り否定しますが、彼の過去の発言や実績については一切否定しません。

先日、チャンネル桜で外国人移民に関する討論会が行われました。地上波では絶対に見られない、真に迫った危機感のある討論会です。もし、三橋氏がこんな事件を起こしていなかったら、必ずこの討論には参加していたでしょうし、もっと別の角度からも移民政策を批判できていたと思います。

彼の外国人移民に関する考え方は、

  1. 技能実習生や留学生などの移民を受け入れれば、低賃金雇用が定着してしまい日本人の賃金アップはほぼ不可能。それどころか日本人の実質賃金は下落していく。
  2. 生産性向上で人手不足を埋め、日本人の雇用を確保。
  3. 他の保守系の評論家と違って「日本の伝統文化を守れ」「外国人犯罪の防止」などの論旨ではなく、経済成長や日本人労働者の実質賃金アップという切り口で外国人移民に反対。
  4. 移民国家が犇めいているヨーロッパの例を反面教師にすると同時に、現在ヨーロッパで巻き起こっている保守系の野党の動きにも注目している。
  5. 特区を設けて外国人のメイドを受け入れている人材派遣会社パソナ(竹中平蔵)への批判。
  6. 保守と言われる安倍首相がかつて無いほどの勢いで移民政策を着々と実行に移している。政府の目的は国民が豊に暮らせる経世済民であるはずなのに、一部の政商のビジネスに注力していること。

平成26年の竹中平蔵との討論では、

三橋氏「自社のために、民間人の立場でありながら、政府を動かし利益誘導している」と批判。

竹中氏は突然、顔を紅潮させ、声を荒らげ、「根拠のない言いがかりだ。失礼だ! 無礼だ!」と、激高した。

私も三橋氏の著書を2冊ほど拝読させて頂きました。まだまだ詳しく知っているわけではありませんが、『今や世界5位 「移民受け入れ大国」日本の末路 「移民政策のトリレンマ」が自由と安全を破壊する [ 三橋貴明 ]』は秀逸だと思いました。日本国民が、移民に関してもっと危機感を持ってもらいたいし、技能実習生や留学生の実態をもっと知ってもらいたいので、三橋氏の力は必要なんですよね。知識もあり、弁も立つ。移民社会にストップをかけられる存在なので、是非禊ぎをしていただきたいものです。


スポンサーリンク





-移民難民について