外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

ニュース

沖縄県の農業視察団が、失踪者の巣窟茨城県鉾田市の実習生受入れ農家を視察にやってきた

農業実習生の受入れは低賃金、賃金未払い、失踪、受入れ農家の法律違反など様々な問題があり、また、不法滞在者を受入れている農家もあり、普通の組合があまり手を出したくない職種であります。

平成29年9月14日付の茨城新聞、『沖縄から農業視察団 鉾田・行方、実習生受け入れに関心』

沖縄県伊江村の視察団が鉾田市を訪れ外国人技能実習生の受入れ状況を視察しました。

組合加盟農家50軒の経営状況を分析したデータを基に「(実習生の)1人当たりの生産高寄与額は年間888万円に上る。野菜とイモ類の生産額153億円の約3割は彼らによるもの」
実習生の定住に伴い、自治体には住民税、国民健康保険料の収入があるなどの利点がある。
農業組合長「実習生の犯罪発生率は日本人より低い。彼らのほとんどは真面目に働いている」

視察団はその後、実習生を受け入れている同市内のサツマイモ農家、オオバを生産する行方市の農業生産法人のほ場を見学。視察団メンバーからは、実習生について「住む場所や食事は」「(日本人と)婚姻するケースはあるのか」などの質問が相次いだ。

島袋村長は「農業でずっと村づくりをしているが、課題は労働力の確保。実習生の受け入れを通じて国際貢献できれば」と述べた

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000007-ibaraki-l08

今更感のある記事。
農業職種の外国人技能実習生の受入れ話ですか。不正の温床、失踪した元外国人技能実習生の吹き溜まりと言われた茨城県鉾田市のお話ですよ。うちの組合が監理していた企業の実習生たちも、複数人失踪した後鉾田市で農業をしておりました。6,7人ですかね。鉾田市へ逃げたのは。うち3人は警察にとっ捕まって強制帰国させられました。

賃金は時給400~500円でした。納屋みたいなところに押し込められていた中国人の女の子。この子は実習生の頃は水産加工。仕事の覚えも悪く、作業も遅い。頭もちょっとトロい子だったので、日本語もほとんど上達せずに、仲間内でもバカ扱いされていました。虐められていたわけではありませんでしたが、パートのおばさんや中国人実習生の同僚からは見下されておりました。

で、悪い人に騙されて「茨城で農業やった方が稼げるよ…」と、言われてノコノコついて来た挙句、寝泊まりするところが農家の納屋。タコ部屋。

彼女以外で、鉾田市に逃げた5人は民間アパートに住んでいましたが、不法滞在者が居住する「専用のアパート」です。地元警察官にカチコミを掛けられ、一網打尽にされ、その中にうちの技能実習生も混ざっておりました。

 

さて、記事を見てみますと…。なんだか時代錯誤も甚だしい。10年以上前の技能実習生礼賛記事って感じです。

実習生の定住化に伴い…。

住民税、所得税、厚生年金…。記事が言うほどメリットはありません。

確かに1年以上滞在する者は長期滞在者であり、定住と言えるかもしれませんが、外国人技能実習生に住民税が課せられることはあまりないのです。彼らには母国にいる扶養家族がおります。最近は多少厳しくなりましたが、親族であることを証明できる書類や、送金記録などを揃えれば控除対象扶養親族となります。その為、住民税がかからないケースも多いです。また、所得税についても中国人技能実習生は租税条約を結べば免除になります。厚生年金については言わずと知れた『厚生年金脱退一時金』があります。日本で半年以上働いた外国人は、母国に帰って厚生年金の脱退一時金を申請できます。100%ではありませんが、納めた額の8割以上が戻ってくるので、就業中は天引きされていたけれども、帰国したらきちんとバックされるのです。

じゃあ、健康保険はどうかと。確かに返金はされませんし、納めた健康保険は医療費として使われます。しかし、近年外国人が我が国の健康保険制度を脅かしております。以前は日本滞在1年経過しないと国民健康保険に入れなかったのですが、現在は滞在1ヶ月で加入することが出来ます。ビザが降りにくい中国人ですら、親族訪問で1度の訪問で最大3ヶ月滞在できます。さらに日本においてビザの延長も可能です。重病を患った外国人が日本の国民健康保険を悪用して、高額の医療を施してもらう。例え何十万円もかかる医療費であっても、申請さえすれば数万円で治療することが可能なのです。彼らは数万円だけ負担し、日本が数十万円を負担する。この金は我々日本人が汗水垂らして納めたお金です。この制度はどう考えてもおかしい!

すみません…話が逸れました。

外国人技能実習生の犯罪率は日本人より低い?

これはきちんと裏を取る必要があります。この組合長さんはきちんと裏を取ったのでしょうか?そうだとしても、近年外国人技能実習生の犯罪件数は増えています。特に、ベトナム人による犯罪件数は中国人を超えました。警視庁の資料やJITCO白書等を確認する必要があります。どんな犯罪かはわかりませんよね。窃盗、万引き、強盗ももちろんですが、ベトナム人技能実習生によく見られる「失踪」や不法滞在も犯罪です。捕まっていなければ件数にカウントされないわけですから、失踪したものを犯罪者扱いした場合、犯罪率は上がるような気がします。

住む場所や食事は?

なんだかこの質問を見ると、彼らを低賃金で働いてくれる日本人未満の人間という位置づけですよね。こういう質問をしている心の内は、彼らに対する差別意識にあふれています。平気で一部屋に5人、6人住まわせるんですよね。お前ら6人一部屋で三年間過ごせるのかと?納屋みたいなところを改造した程度の家に平気で住まわせる悪徳農家もあります。

 

日本人との婚姻のケース

これも無きにしもあらずだと思います。技能実習生がなんたるかを知らない。ベトナム人、中国人、あるいはカンボジア人だの…出身国の国情や民族に関して一切勉強せずに、

  • 安いから、働いてくれるから。
  • 言葉が違くても同じ人間。親切心は伝わるはずだ。
  • 1年、2年…と日本で暮らしていれば日本語もすぐに覚えるはずだ。
  • アジアには、日本の古き良き時代の名残があるはずだ。
  • 何でも言うことを聞いてくれる従順な人達。

こんなお花畑の方も多いんですよね。気持ちが通じ合って村の若者と結婚というハッピーエンド…。

そんなことは考えない方が良いです。

期待するだけ無駄ですし、自分の想像とのギャップに受入後間もなく思い知ることになるでしょう。

うちの組合傘下の水産加工業で、女性の技能実習生と社員の方が結婚されたケースはいくつもありました。そこの地域は嫁の来てが少ないために、実習生をとても大切にしていたし、生活用品も充実、何より家族のように話しかけたり、親身になって面倒を見ていました。

実習生たちも彼らの親切心にほだされ、恋愛、結婚し今では日本人に帰化した方もいらっしゃいます。本当に実習生たちを大切にしている企業ですので、モデルケースと言ってもよいです。日本人との婚姻を真剣に考えるのなら、1回2回裏切られようとも諦めずに続けること。

ちょっとした嘘を2,3回つかれたり、愛想が悪かったりしただけで、「だから、◎○人はあ~」と、弱音をはく受け入れ先が多すぎます。

 

綺麗事をいってもやっぱり労働力確保

島袋村長は「農業でずっと村づくりをしているが、課題は労働力の確保。実習生の受け入れを通じて国際貢献できれば」と述べた

建前すら吹っ飛ばす、本音を吐露した村長wこんな目的で受け入れるのは、どの農家も企業もそうです。でも、建前があるんです。労働力確保のために受入れます!なんてのを受入れ理由にしていたら、入管、あるいは外国人技能実習機構に書類をハネられちゃいますよ。

村長も新聞記者も制度を全然わかってないよなあ…。

 


スポンサーリンク



 



受入れ企業拡大、面接で海外に行く時にも使える書籍

-ニュース