外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

ニュース 建築関係

またやった建設業!カンボジア人技能実習生がうつ病に追い込まれる

建設業で働いている技能実習生たちが、賃金未払いあるいは低賃金でこき使われている現状はこのブログでも書いてきましたし、他のブログやニュースを見ても溢れんばかりにネタが転がっています。低賃金、過酷な労働状況、いや労働そのものは辛いけれどもそれに耐えうる強さは持っているはずです。

しかしながら、職員によるパワハラや暴力だけは耐え難いものです。記事は信頼できる産経新聞です。

 

「アホ」「死ね」パワハラで鬱病、34歳カンボジア人を労災認定 立川労基署

9/12(火) 18:03配信

産経新聞

東京都内の建設会社で勤務していたカンボジア国籍の技能実習生の男性(34)が、上司から「アホ」「死ね」などの暴言を含むパワーハラスメント(パワハラ)を受け鬱病になったとして、立川労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが12日、分かった。認定は6月7日付。

記者会見した男性は「誰と相談したらいいか悩み苦しんでいた。外国人は労災があることを知らないので、これから働く人も助けてほしい」と訴えた。

労基署の調査復命書などによると、男性は平成26年6月に来日後、建設会社で配管工として働き始めた。直後から言語などの問題で、上司から暴言を吐かれ、工具でヘルメットをたたかれるなどの暴行も受けた。

27年9月、現場で作業中に電気のこぎりに巻き込まれ、左手人さし指の先端を切断。事故後、社員から「金欲しさにわざと切ったのだろう」などと暴言が繰り返され、病院で鬱病と診断された。

28年11月に労災申請したところ、立川労基署が今年6月、「上司の言動が業務指導の範囲を逸脱しており、人格や人間性を否定するような言動が含まれていた」と指摘した。

参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000557-san-soci

またやりましたね。

カンボジア人技能実習生ですか。推測ですが、中国人もベトナム人も寄り付かない企業だったのでしょう。こういった企業がカンボジア人に乗り換えていると派遣機関からよく聞かれます。手取り8万円程度でも働いていてくれる。雑に扱っても彼らはありがたがって働いてくれるだろう…そんな思いで受入れている企業がこれからも増えてくるのでしょう。

低モラルの建築業は外国人技能実習生の受入れをやめろ!

私は監理団体で働く人間ですが、介護はもちろん、農業、建設での外国人技能実習生の受入れは反対です。技能実習生制度の法律やルールを守ってくれれば良いのでしょうけど、守れない、労基法すら知らないような連中が、労働力不足を補うために外国人技能実習生を雇うのは片腹痛い。

そもそも、割増賃金や有給休暇、労基法すら知らないのであれば日本人を雇用する資格もないし、廃業しろと言いたくもなります。うちの組合は元々は建設、建築の受入れはしておりませんでした。馬鹿な理事連中が、国交省の「建設労働者の受入れ」制度を始めてから積極的に受け入れるようになりました。

ところが、受入れたら問題が次々と発覚。労基法を守るように伝えても、

「そんな法律知らねえ」
「あ、残業代?適当で良いだろう」
「36協定って何?」

それから、技能実習生に関する書類作成を依頼しても提出期限は守らない、こちらが書類の殆どを作成しているのですが、どうしても企業に聞かないとわからない情報があっても、それすらも書いてくれない。書類作成も一苦労。法律は犯す。

技能実習生に対する態度も悪い場合が多いです。記事にあるように暴力を振るうケースがあります。とび職では特に暴言、暴力が多く、下の足場にいる実習生が上の足場にいる先輩から頭を蹴られる。鉄拳制裁。日本人を「日本鬼子」と平気で言う中国人技能実習生。「日本鬼子」は戦時中、中国人が日本人に対して使う差別語ですが、今でも抗日映画でも使われていますし、日本人憎しで使う人も未だにいます。これはかなりきつい表現です。相当な憎しみが込められています。

それもそうでしょうよ。

これは、建築関係者の多くが言っていることです。

「とび職の会社に入社してくるのは中卒者やヤンキー崩れ、社会にはじき出されたような連中が集まるところ」

とのこと。まあ、はっきり言って柄が悪いんです。まともな日本人が就職しようとしないのもうなずけます。

「技能実習生への暴力が云々、人権が~」

と、叫ぶ人権団体はたくさんいます。特にこの記事なんて人権弁護士の大好物の案件です。建築業者の非人道ぶりを叩くだけでなく、建築業界の悪習、しきたり、閉鎖性を根本から批判し改善していかないと変わらないと思います。もちろん、しっかりされている企業もあるし、中規模以上の企業でしたらコンプライアンス重視でしょう。

しかし、外国人技能実習生が主力となって働いている企業は、上記のような零細企業。従業員規模10名未満のところがほとんどです。下請けの更に下請けの…カツカツの状況でやっている企業ばかりです。

  • とにかく安く。
  • 定着してくれる人材。

彼らが求めるのはこれだけです。あとのルールはお構いなし。ゴミのような業者が多いんです。だから、従業員の人間性について、きちんと教育していく、建設業の体質そのものを変えていくしかないんです。

国内の日本語研修では、日本人は礼儀正しいと教わっています。実際来日したら、従業員は粗暴で民度が低い連中ばかり。かなりのカルチャーショックです。特に気の毒なのが、東南アジアの親日的な国から来た人が日本でひどい目にあうこと。

日本の恥を垂れ流すような受入れはやめるべき。

左翼系の人権活動家や人権弁護士はこの手の案件をガンガン叩いていますが、技能実習制度を廃止しろとまで言う人はあまりいません。飯の種のなのかな。逆に廃止を強く主張しているのは保守系の人だと思います。

私は監理団体としてこれで飯を食っておりますが…建築、農業、縫製、介護医療職種での外国人技能実習生受入れを廃止。反日国家からの受入れを廃止してほしいと思っています。


スポンサーリンク






-ニュース, 建築関係