外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

受入職種について

どうせうちのような弱小組合にとって介護技能実習生なんて関係ないけれども

介護技能実習生の受入れが始まりますが、うちのような組合は介護技能実習生の受入れ許可基準に適合せず、完全なる対岸の火事です。医療、介護系の団体が主として受入れを行う模様です。お年寄りの介護ですから、言語レベルは相当高いものが要求されそうです。トラブルは火を見るよりも明らか。だから、ついつい対岸の火事と思ってしまうんですよね。

第2 監理団体の許可の基準
1.法人形態に関する基準
監理団体の法人形態が、次のいずれかに該当するものであること。
① 規則第29 条第1項第1号から第4号までに定める法人(商工会議所、商工会、
中小企業団体、職業訓練法人)であって、次のいずれかの要件を満たすこと。
・ 当該法人の全ての会員又は組合員が介護等の業務及びこれに関連する業務を
行う事業者であること。
・ 一般監理事業に係る監理許可を受けていること。
② 規則第29 条第1項第7号及び第8号に定める法人(公益社団法人、公益財団法
人)であること。
③ 当該法人の目的に介護事業の発展に寄与すること等が含まれる全国的な医療又
は介護に従事する事業者から構成される団体(その支部を含む。)であること。

参照元:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/file_5.pdf

うちの団体ではどこをどう頑張っても許可基準に適合しませんでした^^;うちの組合としては介護にも手を出したいようですけど、何でもかんでもやろうとするのがうちのトップ連中の欠点。チャレンジ精神があるのは良いけれども、現実を見ないで期待と妄想だけで突っ走り、いつもいつもルールの壁にぶつかり挫折するパターンです。

朝日新聞の記事で申し訳ないですけど、介護外国人技能実習生に対して随分期待しすぎなんじゃないですかね?今まで普通の職種で受け入れてきた監理団体であれば、「入国時の技能実習生の日本語能力」が如何に低いかを十分知っているはずであります。過去、日本語を勉強してきた人もいましたが、それは稀であり、採用されてから派遣機関の教育施設でゼロから学び始める人がほとんどです。3ヶ月程度頑張ってN4レベルに達する人もいますが、それですら多くはありません。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000093-asahi-soci

介護、医療団体は外国人技能実習生が救世主となる、あるいは日本語がそこそこ話せる人達が入ってくるという考えなのか…。人で不足を解消するという大義名分の裏に銭儲けを考えているのか。条件が厳しくてあまり儲からなそうな気がします。

介護分野は初めての対人サービスとなり、入国時の日本語能力の要件を「ややゆっくり話される会話であれば、ほぼ理解できる」という「日本語能力試験N4程度」としている。

N4程度では、ゆっくり話される会話をほぼ理解できると言い切るのは無理です。働き始める時点でN2レベル、日常会話やニュースを自然に近いスピードで理解できる語学力があれば…とありますけど、こんな人なかなかいません!ここまで育てるのに3年以上かかります。

介護資格取得も去ることながら、国によっては介護職というのは社会的ステータスが非常に低い場合があります。「日本語」というスキルを持った人が、わざわざ介護の道へと進むことはほぼあり得ない。よほど志が高くない限り、あるいは介護の報酬が高くない限り良い人材は来ないと思うんです。

元々、日本での介護職の報酬は低い。介護職の方は本当に大変ですし、お金以外の何かがないと続けられない立派な職業だと思っております。嫌らしい言い方ですが、お金だけ考えれば、ちょっときつい工場で契約社員で働いた方が、手取り額は明らかに高いでしょう。外国人技能実習生だって同じです。夜勤があり、残業が多めの工場で3年間働く方が、介護職のような高い日本語能力も求められず、日本人の高齢者と日々日本語を交わすプレッシャーも無い、稼げる額も高い…というのであれば、日本語能力なし、学歴なしの彼らがどちらを選ぶのかは誰でもわかります。

うちのトップ連中は、

「どうしても介護職には参入できないか…悔しいな!」

と、こぼしていましたが、この人達介護のことなんて全然調べていませんからね^^;やれば儲かるものだと思っているようですけど、この業界って監理団体の監理費でウハウハに儲けられるほどじゃないんですよね。全てではありませんが、かなりの数の組合の理事長が派遣機関からキックバックをもらっています。実習生一人あたり50,000円~とか。一般の組合職員はトラブルや巡回だ、なんだかんだとドサ回り。きっと、介護職種で入れれば自分のフトコロが潤うという程度であれば改めた方が良いです。まあ、制度的にボコスカ入れられるわけではないので、すぐに儲からないと気づくでしょうけど。

それと、共産党や社民党のような意見になっちゃいますけど、介護を金儲けのツールとして使うのはいかがなものかと私は思います。医療、介護は聖域として、日本人が安心して働けるような待遇を整えればいいのに、移民問題もそうですけど、こういった検討をせずに安易に外国人受入れに走るのは日本の将来にとって百害あって一利なしだと思います。


スポンサーリンク



 



受入れ企業拡大、面接で海外に行く時にも使える書籍

-受入職種について