外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!

外国人技能実習生の受入れで起こったトラブル、選抜方法、失踪、どんな監理をすればよいのか…すべて書きますっ!

実習生の管理

訳の分からない屁理屈をつけてくる中国人技能実習生

7月に入って第1週の時点でスクランブル発進が3回。異常です。平成29年7月は波乱の幕開けとなりました。この波乱についてはうんと先に書くことにして。今回は他の話題を提供させていただきます。

いつもの企業巡回。配属している中国人技能実習生は10名。注意すべき点、問題のある実習生に指導をして企業担当者とまったりと世間話をしていたら、中国人技能実習生1名がてくてくと近づいてきました。

実習生A「俺は仕事も他の実習生よりもできるし、日本語だって上手い。時給を100円上げてくれ」

唖然とした後、かちんと来ましたのは言うまでもありません。が、ここでいきなり怒鳴り散らしてしまっては行けません。いくら相手が話の通じない技能実習生たちであっても、ここは日本、こちらは日本人です。まずは理屈で彼らの意見を潰していくことです。

外国人実習生の給与がどうして低いのかを説明してあげる

日本語が上手いと言っているが、どれほどものなのか?をチェック

彼らに宿題をやらせていますが、Aは理解力が低く、間違いも多い。且つ、最近は空欄で提出して来ることも多かった。また、日本語を学ぶように指導すると、すぐに、「覚えられない。日本語は難しい。勉強しても覚えられない」とほざいてきました。ろくすっぽ努力もしていないのに、自分は悪くないと言い張るこのメンタリティ。覚えられない自分が悪い、努力不足が原因であることを伝えました。

日本語の宿題を見る限り、君は後ろから二番目。もちろん、ビリッケツはみんながよくからかっている実習生Bだ。彼は日本語もできないし、物覚えも悪いけれども会社のルールや宿舎のルールにはしたがって生活しているし、不当な要求は一切してこない。現場の指導員からはAさんの日本語が下手だから指導してくれと言われた。

仕事について

仕事に関しても人並み以下と言わざる負えない。指導員からは、言葉が伝わりにくいため仕事を任せきれない。簡単な仕事が多い。仕事の全体像を把握していないため、言われたことしか出来ない指示待ち人間である。加工をやらせた時もミスが目立つ。給与を上げるどころか、みんなと同じ時間残業をさせてもらっていること自体奇跡だと思う。

これだけ言うと流石に黙るのですが、相手は中国人技能実習生です。黙るどころか反撃に出てきます。

自分は他の実習生と比べて重い物を持ったり重労働している。
時給を上げてくれないのであれば、生産量を減らしてくれ。でも、残業時間は増やしてほしい。

 

無茶苦茶です。

まず、重労働に関してですが、多少重いものの持ち運びが他の実習生と比べて多いだけです。なぜ、彼がこの仕事をしているかというと、技術レベルが低いから。技術的な仕事をさせていますが、彼はなかなか上達しないし、中国での実技試験に於いても技術点が低くかったのです。技術面は低いけれど、面接態度がよく、日本語学習への意欲が強いから採用したんです。

自分でも技術レベルが低いことを認識し、且つ日本語でカバーすると約束してきているわけです。

上達しなくても外国人技能実習生に日本語学習を継続させるべき

外国人技能実習生の通訳をしていると舐められることもある

残業時間を増やして生産量を減らす。これについては言語道断。厳しくしかりました。どこの会社がこんなやり方で従業員を遇するのでしょうか。まあ、零細ファミリー企業で同じような現象を見聞きしたことがありますが。

「君が社長だったら、仕事のできない従業員に特別待遇させるのかね?」

と、質問したら黙っていました。

不当な要求については厳しくNO!!

企業担当者に報告すると、人によっては「上に伝えます」とか言って返事を保留するんですよ。これではダメです。中国人技能実習生はダメ元で無茶な要求することが多い。中国ではこんな要求は日常茶飯事です。即刻退けなければなりません。返事を保留したり、苦笑いしてはいけません。彼らはシメシメと思って、つけあがりますし、日本人はおとなしいから素直だから、単純だからというのが彼らの考えです。

人数が増え、多少日本の生活に慣れてくると日本人を舐め始める輩が出てきます。舐めてくる輩は大抵日本語能力もモラルも低いのですが、彼らの不当な要求に対して断固たる対応をしないと、他の実習生まで悪影響が波及します。

不当な対応には厳しくいきましょう!


スポンサーリンク





-実習生の管理